「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

寒波到来の週末に

北海道では何十年に一度という寒波がやってきて、日中でも氷点下という寒い日が続くようです。首都圏でも雪が降るようですね。


f:id:obarakotaro:20190208223859j:plain


水道管の凍結を呼びかけるローカル天気予報やS N S発信を見ると、北海道らしいなぁと感じてしまいます。これも北国特有の建物の減価要因なのでしょうか?釧路は沿岸部なので、内陸の各地に比べると、ここまで冷えこむことはないのですが、今夜は内陸の方の冷えこみのように感じます。沿岸部でこれだけ冷えているならば内陸の方はきっともっと冷えているのでしょうね。


今羊毛の靴下を履きつつ、もっと寒い国の小説、井上靖さんの「おろしや国酔夢譚」を読んでいるせいか、今のところそれほど寒く感じません(笑)今北海道は一番冷える季節。それでも、日照時間が少しずつ伸びてきて、春が近づいてきました。


除雪は大変ですが、意外に冬という季節も好きです。今日はとりとめのない投稿記事になり、すみません。