「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

ケン・リュウさん「紙の動物園」の後半を読み終えて

仕事関係の勉強会のため、札幌にてこのブログを書いています。途中まで読んでそのまま積ん読状態になっておりましたケン・リュウさんの「紙の動物園」の後半部分を移動中に読み終えました。ラストの「文字占い師」という台湾を舞台にした作品がズシリと心をえぐられるようなエンディングでした。一番ラストの作品が思いのほかバッドエンドでしたの

f:id:obarakotaro:20180802213030j:plain

(理科系の作家さんの書いた作品なので、アルゴリズムとか正直理解できない箇所もありましたが、ユニバーサルなものを感じました)


いわゆるインパウンドで台湾からのお客様が釧路へも数多く訪問されるようになりました。(十勝や道央にはまだまだかなわない感じですが)最近、読書絡みの仕事に関係の薄い投稿が多くなってしまいますが、海外に馴染みの薄い私でも、読書を通じて海外の文化を少しでも学べたらと思っています。