「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

父親として振り返り。

今日は父の日。5歳の息子から誕生日プレゼントの似顔絵をもらいました。金曜日に幼稚園で描いたものらしいですが、やはり、すごく嬉しいものです。


不動産鑑定士として、経営者として自分を振り返ることは多々あっても、父親としてどうだったかなと振り返ることはあまりなかったので、今日は少し振り返ってみようかとそう思いました。思い起こせば、一人息子が生まれた時、初めて、とある公的な仕事に関与することになり、独立に向けた準備も睨んでいて、自分の息子がこの世に生を受けた喜びよりも、しっかり子供を育てていかなければならないという責任感の方をより感じてしまったことが思い出されます。なので、アルバムを見てみると、息子との初めてのツーショット写真の表情が思い切り重い表情になってます(笑)今でもこのことは妻によく指摘される事実ではありますが…(汗)

f:id:obarakotaro:20180618212437j:plain



そんな私でしたが、本当に息子の成長を通じて、今まで仕事を続けていく中で、本当に親の私が育ててもらったり、精神的に支えてもらったことが多かったと思います。やはり家族旅行や近場のドライブも楽しい思い出です。そんな彼も秋には6歳。友達との時間やサッカーを習い始めて、一、二年前ほど親にべったりではなくなってきましたが、これからも一緒に過ごせる時間を大切にしたいと思っています。これから男の成長期にはいろいろあるけど、乗り越えて欲しいな。


今日、描いてもらった似顔絵をながめながら、そんなことを考えてました。