「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

釧路公立大学の公開市民講座へ

今週釧路公立大学による市民公開講座があり、仕事を終えてから参加してきました。私が足を運んだのは、「道の駅から見た観光客の動向分析」。厚岸の道の駅「厚岸グルメパーク」と阿寒の道の駅「阿寒丹頂の里」の観光客に対するアンケート結果を比較・分析したものを釧路公立大学の学生さん達が発表して下さいました。

f:id:obarakotaro:20180119062653j:plain 

昨年まで釧路公立大学に在籍しておられた下山朗先生のお話を直に聞く機会があって、この研究成果のことをぜひ聞いてみたかったのです。

 

「道の駅」という公共性の高い観光資源だけでも、これだけいろいろな要因、特性により選好されるということがよくわかりましたし、丁寧にアンケート項目が分析されておりました。特に「道の駅」マニアと呼ばれる30箇所以上の「道の駅」を訪れた方に絞った分析結果が面白かったです。他所からの視点、広域的な視点からみても、釧路管内の観光というものの可能性が感じられて、実際に詳細な解説を聞くことができてすごく良かったです。

 

中でもすごく意外だったのは、厚岸の「道の駅」が釧路地方以外の観光客の割合が高いのに対し、阿寒の「道の駅」は釧路の地元ユーザーの割合が高いという結果だったということ。普段意識していませんでしたが、数値で結果を見せてもらうと、歴然としていました。違った視点から普段仕事をしているエリアについて見ていくこともすごく大事なことと思いました

。統計アンケートに際しては、天候条件などにも十分配慮されていたとのこと。奈良から足を運ばれた下山先生、そして下山ゼミの学生さん達に心から感謝したいと思います。