「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

池波正太郎さん「夜明けの星」を読む

カズオ・イシグロさんの作品、世界観にここ数ヶ月すっかり惹きつけられていましたが、ちょっと深淵なテーマのため、深く考えさせられてしまう作品ばかりでしたので、たまに池波正太郎さんの作品を読んでみることにしました(笑)。


「夜明けの星」という作品です。中古品ですが、字も大きくて保存状態も良かったので全然問題ないです。池波正太郎さんといえば「鬼平犯科帳」などのシリーズ物や、「男の作法」「男のリズム」などのエッセイが有名ですが、私はこういう単発の作品も結構好きです。全作品読んだわけではないですが、「男振(おとこぶり)」「さむらい劇場」などの作品が清々しくて、特に印象に残っています。


この作品も、ストーリー展開もスピーディでスラスラと読めます。ワンセンテンスが短く、会話文などの配置が工夫されているので、字でビッシリなページがほとんどないのです。作者は計算しておられたんでしょうね。今日だけでかなり読み進めました。善悪がハッキリしていないこの世界観が好きです。続きが楽しみです。