「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

積ん読は増えたのだけど

お正月いかがおすごしですか?私は家族とのんびり過ごしておりました。このお正月、買っておいた本を少しでも読んで、いわゆる「積ん読」を解消しようと思ったのですが、実家で過ごしたこともあって、また父の書棚からまたまた文庫本を借りてきてしまったり、かえって「積ん読」本が増えてしまいました(笑)

f:id:obarakotaro:20180102194829j:plain

(一番下の池波正太郎さんの「夜明けの星」を借りてきました)


f:id:obarakotaro:20180102195032j:plain

(地元メンメを煮付けにして、実家でいただきました。美味しかったです。すごくお正月向きの魚ですよね)


f:id:obarakotaro:20180102220820j:plain

(魚の飯寿司も美味しくいただきました)


もう一つ、「積ん読」が減らなかった理由は、年賀状で学生時代の友人がこの冬念願の「パパ」になったとの知らせやそれぞれの近況を目にしたこと。これからは父親同士の話もできます。やはり年賀状は良いですね。明日から仕事を少しずつ始めていきますが、今年は良いお正月をすごせた気がします。明日から頑張っていこうと思います。