「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

司馬遼太郎さん「菜の花の沖」を読み始めた途端に

河﨑秋子さんの「肉弾」を読み終えた次の寝る前の読書シリーズは、司馬遼太郎さんの「菜の花の沖」(第一巻)を読み始めました。道東生まれ、道東育ちの私であるにもかかわらず、まだ読んだことがない作品で、根室の史跡、銅像を見たときから読みたいと思うようになってました。

f:id:obarakotaro:20171102221302j:plain

その途端、計ったかのように、今朝の北海道新聞さんの朝刊経済欄に「関空ー釧路」のLCC(ピーチ)定期便が来年2018年の夏から定期就航されるとのニュースです!道東にLCCが来るかも・・・という話は聞いていましたが、こういうお話を聞くと世界が広がるようで、とても嬉しく感じます。

 

夏季の冷涼な気候から本州から来釧される方が増加基調にあるとのニュースは聞いていましたが、私にとっては、北海道にはない歴史スポットがたくさんある関西、近畿地方。私ももっと仕事頑張って、京都、奈良、そして、「菜の花の沖」のスタートとなる淡路島西部へ行ってみたいものだと思いました。

 

また奇しくも、今日は根室地方へ出張が入っています。

車の運転気をつけて、今日も頑張りますね。皆さんも良い一日を!