「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

秋の釧路北斗遺跡へ。

今日は秋晴れの日曜日ということで、息子と二人でドライブしながら、釧路湿原北斗展望台の近くにある、北斗遺跡を見て来ました!

北斗遺跡は、釧路湿原近くにある、竪穴式住居跡です。日本史の教科書的には縄文時代~続縄文時代の頃になるらしいので、つまり、1万年前の住宅地を今日は見てきたことになります(笑)

f:id:obarakotaro:20171015211956j:plain

(秋の釧路湿原、落ち葉をよけながら、木道を歩いて行きました)

 

アクセス的には、道道53号を北上し、釧路市街地からは車で15分位のところでしょうか、釧路湿原北斗展望台の駐車場に車を停め、木道の案内に沿って、北斗遺跡の住居復元跡、そして、資料展示館を目指しました。

 

 

f:id:obarakotaro:20171015212404j:plain

(展望台の駐車場から1.2kmぐらい、5歳の息子も頑張って歩いてました。つり橋・木道があるので、散策路になって大人もいい運動になります。)

 

復元跡は、綺麗に整備されていて、幅2mの通路まで復元されてました。ポコポコと穴がありますが、これが竪穴式住居の名残りとのこと。

 

f:id:obarakotaro:20171015212606j:plain

 

f:id:obarakotaro:20171015212805j:plain

(ヨシで出来た復元住居。すごく上手に再現されてました)

5歳の息子にはまだ早いかな・・・と正直思ったのですが、非常に興味をもってくれたみたいです。連れてきた甲斐がありました(笑)

 

さらに順路に従って進むと、資料が展示された建物もあります。

f:id:obarakotaro:20171015212923j:plain

(釧路の山々も紅葉に彩られていますね)

 

私もこのあたり、学生時代に通った記憶がありますが、あまり真剣に見てなかったのか、あまり記憶に残ってません・・・北斗遺跡は、日本文化とオホーツク文化の双方の影響を受けたという特徴があるとのこと。息子は石斧に興味を持ったようです。大人の私も勉強になりました。

 

f:id:obarakotaro:20171015213123j:plain

(帰り道に通った木道。いい天気でよかったです。それほど冷を感じませんでした。)

 

昨日の晩にシシャモを食べたり、いよいよ、釧路も秋から冬へ少しずつ近づいてきた気がします。いい休日をすごせました。また明日から仕事を頑張りたいと思います。

 

f:id:obarakotaro:20171015213650j:plain

(昨日食べたシシャモ、すごく美味しかったです!)