「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

親として初参加の運動会。

今日は4歳の息子の幼稚園での初運動会でした。運動会というイベント自体、私にとっては本当に久しぶりのことでして、恥ずかしい話ですが、父親として何したらいいんだろうと、おっかなびっくりな感じで迎えた日曜日でした(笑)


今日の釧路の天気予報は午前中は雨。朝7時時点では、どしゃぶり雨が降っていて開催が危ぶまれたのですが、スタート時刻を繰り下げての運動会開始となりました。

一生懸命作った弁当のことが頭をよぎった妻、そして、月曜に順延になった場合、その日は会議や打ち合わせが入ってしまっている私も、ほっとしました。


f:id:obarakotaro:20170910221458j:plain


心配されていた天気も昼が近づくにつれ、回復していき、息子の勇姿(?)もちゃんと見届けることができました。少し親バカですが、私の子供の頃より断然足が速い(笑)妻に似たのかもしれません。


親として参加したこの運動会で感じたことは、弁当作りや会場設営を通じて、自分の子供時代も周りの大人達の愛情を十分受けて、運動会に出ていたんだな、ということ。また一つ子供から父親である私が教えられた気がします。子供が小学6年になり、運動会がなくなると、手間はなくなるけど何だかさびしくなるよ…と言っていた前の会社の社長の言葉を思い出してしまった日曜日でした。