「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

祝「阿寒摩周国立公園」の垂れ幕

出張で弟子屈町(てしかがちょう)を通る機会があり、道の駅に立ち寄りました。釧路市から車で一時間半ぐらい北上したところに、この弟子屈の道の駅「ましゅう」はあります。

f:id:obarakotaro:20170908221341j:plain

目に入ったのは、なんといっても先月から名称変更になった「祝・阿寒摩周国立公園」のポスターです。

以前の阿寒国立公園の時から、摩周湖屈斜路湖も公園に含まれていたのですが、やはりこうやって名前が変わると、非常にエリアが広大な国立公園だということが改めてわかります。

f:id:obarakotaro:20170908222033j:plain

「摩周」のところが赤字で強調されているポスターが目立ったので、弟子屈の方々の、この名称変更に寄せる期待の大きさを垣間見た気がしました。

私は修学旅行でよく足を運んでましたが、一度釧路を離れたこともあって、あらためて釧路エリアは見どころがいっぱいのエリアなのだなぁと思います。

f:id:obarakotaro:20170908222217j:plain

ところで…

これは民芸品コーナーで息子へのお土産に買ってみました(笑)小学校のバス遠足で、民芸品を作ったことが思いだされます。

右の方は鹿の角を彫ったもの。魔除けになると以前阿寒湖畔の民芸品店の方に聞いたことがあります。