「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

特急スーパーおおぞらの車窓から

昨日は約一年ぶりに特急スーパーおおぞらに乗車し、釧路から札幌入りしています。本日行われる不動産鑑定シンポジウムに参加するためです。

f:id:obarakotaro:20170728090104j:plain

道東自動車道の阿寒までの延伸もあって、JR利用の機会は減ってしまったのですが、久々に乗車してみると、車内販売サービスが無くなっていたり、車内放送の外国語が英語と中国語の二カ国語に増えていたりと、微妙な変化を感じました。


特急スーパーおおぞら釧路駅から出る時は一番ホームから出るのですが、反対側の四番ホームから出る湿原観光列車の湿原ノロッコ号がかなり高めの乗車率、しかも海外からのファミリーのお客様が多かったのもすごく印象的でした。

f:id:obarakotaro:20170728090357j:plain


ただノロッコ号が出た後の、この風景は私が高校時代からあまり変わってない気がしますね。


それはともかく、遠路はるばる来たので、今日の不動産鑑定シンポジウム、沢山のことを吸収して来たいと思っています。