「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

フキとマスのおかしらの組合せ。

昨日父の日のプレゼントを貰ったブログを書きましたが、同じ日に実家に立ち寄り、両親と世間話をしてきたのですが、その時に面白い話を聞きました。

この時期、釧路市周辺では山菜採りの季節になるのでフキが食卓に並ぶことが多く、フキの煮物もその一つなのですが、一緒に煮る魚が釧路の場合、マスのお頭が多いのです。

f:id:obarakotaro:20170618203139j:plain

(アラの部分は非常に美味しい)

ところが、昨日知ったのですが、
十勝出身の母も、室蘭出身の妻も、
マスのお頭と炊き合わせてフキの煮物を作るのは、嫁いできて初めて知ったとのこと。
これは釧路特有の食文化らしいのです。
ちなみに、故人の祖母も中標津出身なのですが、釧路に来て初めてマスのおかしらとフキを炊き合わせることを知ったと母に語っていたそうです(驚)

まだまだ釧路のこと、不勉強だなぁと感じた出来事でした。
ところで来月も地元の友人と山菜採りに行くことになりました。次もたくさん採れるといいなぁと楽しみにしています。