「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

録画した「ガイアの夜明け」を見て

子供と見るアニメや日々のニュースを除いては、あまりテレビを見なくなってしまった私ですが、たまたま新聞のテレビ欄で見かけた経済ドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」の今週のテーマが非常に気になったので、昨晩録画し、今朝視聴しました。

テーマは牛乳流通をめぐる革新的な取り組みの紹介でした。釧路、根室地方の基幹産業に密接に関わるお話で最後まで興味深く拝見させていただきました。

私は文字通り畑違いの仕事をしておりますので、番組を見ただけではもろもろの問題や対立のことは正直わかりせん。

ただ、道外、海外の方々が北海道の牛乳を高く評価していて、非常に将来性がある分野だということはすごく伝わりました。

f:id:obarakotaro:20170614214153j:plain

'業種にかかわらず、今までの常識、延長に囚われないでチャレンジすることが大事なのかもしれませんね。私のような、どちらかといえばドメスティックな仕事でも、グローバル化を肌で感じることが増えてきた気がします。(’invoice’という単語、釧路に帰ってきて使うとは思わなかった・・・)

それはともかく、今日は経済番組から勇気をもらった気がします。