「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

釧路湿原マラソン、3キロエントリーへ

今日も昨日に引き続き釧路の天候は冴えない、雨混じりの肌寒い一日でした。私は来月に迫った釧路湿原マラソンをにらみつつ、市内の公共スポーツ施設でランニングマシンに乗って30分ビルドアップ走してました。以前ブログに書いた村上春樹さんのエッセイ「走ることについて語るときに僕が語ること」の読後の影響が続いているせいもあって、ジョギングを週に1、2回程度、ウォーキングを週に2回程度のペースで続けています。

f:id:obarakotaro:20170604205901j:plain

(走っている間に自分と向き合うという時間が大切なのかなと思っています)


そこまでは良かったのですが、二十代、三十代の時と違って、しばらくブランクがあるとなかなか走行距離が伸ばせません(汗)

そんなわけで今年久々に出場すると決めた地元の市民マラソン大会の釧路湿原マラソンは3キロの部で出場することにしました。

f:id:obarakotaro:20170604210917j:plain

10キロの部も考えたのですが、前日まで札幌に研修出張が入っていることを考えると無理は禁物かな…と思い、今回は確実に走り切れる距離にしました。なんとかまた走れる距離を少しずつでもいいので伸ばしたいと思っています。