「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

一冬越したブドウの木から蕾が

わが家の家庭菜園もパセリの種をまいてから、雑草採りや水やりしながら毎日見ています。

日々夏に近づいているのが感じられて、楽しいです。

f:id:obarakotaro:20170531000212j:plain

(去年より幹は確実に太くなってますね)


ブドウの木も、冬を越し春先には死んだような、枯れてしまったような、そんな状態でしたが、この土日から節の間から蕾が芽吹き、幹も生き生きとしてきました。

実は…今週、釧路に戻ってきてまだまだ年月が足りないというか、まだまだ地域に根付いたとはいえないなぁと痛感させられる出来事があり、少し気落ちしてました。ですが、この台風や長い冬を乗り越えてきたブドウを見てまた頑張ろう!そう思いました!

ブドウを育てるのは意外にすごく時間がかかると妻から聞きました。

家庭菜園を持つようになってから植物の生態に救われることが増えた気がします。私もクヨクヨしやすい性格ですが、よくよく考えてみれば大したことでもなかったりするので、ブドウみたいに逞しくやっていこうと思っています。