「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

セカンドシーズンの家庭菜園。

今週の日曜、わずかな時間を利用して、猫の額ほどの我が家の家庭菜園の土を耕し、畑作りに励んでおりました。

f:id:obarakotaro:20170522222239j:plain

(これは耕す前、五月上旬のブドウ。生きているのか半信半疑でした)


カッコウが鳴く頃になってから種蒔きをすると良いと家庭菜園の先輩である父や母から聞いていましたが、

前日の土曜にドライブで行ったオートキャンプ場でカッコウやウグイスの鳴き声を耳にしたので、そろそろ畑作りにはいいタイミングかな〜と思ったからです。

f:id:obarakotaro:20170522221144j:plain

(自宅のアスファルト部分に今月入ってからテントウムシを見かけるようになりました)


昨年春に植えたブドウの木も、一冬越して一回り太くなったのですが、死んだように茶色いままで、本当に生きているのか、心配でしたが、黄緑と桃色の芽が木の節の間から芽吹いていたのが、確認できました!


追肥して今年も大事に育てていこうと思います。

今年は昨年みたいに台風の影響がなければいいですね。