読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

「田宮模型の仕事」読中感想

昨日とある会合で、普段私のSNS発信を見てくださっている方から「小説以外の本も読まないと!」と言われてしまったのですが、

こういうビジネス系の本もたまにはちゃんと読んでますので、アピールしておきます(笑)

この本を知ったのは、数年前に図書館でハードカバー版を見かけたのがきっかけになります。


f:id:obarakotaro:20170405055809j:plain

(プラモデルの売れ行きは箱絵がすごく大切らしいです)


タミヤ模型は、ご存知の通り、ミニ四駆などで世界的にも有名なプラモデルメーカー。意外だったのは元々は木製模型の会社だったということ。これだけ様々な困難や変化の波を乗り越えて、今私達が楽しめるようになったのだと今回初めて知りました。


f:id:obarakotaro:20170405063424j:plain

(プラモデルメーカーは静岡県内に集中しているって、この本で初めて知りました…)


それにしても、ランナー(部品パーツが付いている外枠のこと)1つとっても見方が変わります。


プラモデル好きの方はもちろん楽しめると思いますし、ビジネス書としてすごく面白いのでオススメです。やっぱり好きなことって本当に強いんですね。