「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

南木佳士さん「ダイヤモンドダスト」を読み始める

習慣になっている就寝前の読書タイムに今週から南木佳士さんの

ダイヤモンドダスト」という作品集を読み始めました。こちらもSNS上で紹介されていた本で信州の病院を舞台とした作品集なのですが、自然の描写や、地方都市での生活の様子の描写が、非常にリアルなためか、別の地域の、違う仕事の話なのに不思議と親近感、共感してしまう感じがします。まだ最初の「冬への順応」と2つ目の作品「長い影」の途中までですが…自分と相性の良い本と出会えた予感がしますので、

これから味わって読みたいと思います。

f:id:obarakotaro:20170328223535j:plain

(春間近なので季節はずれかな?と思ったのですが、今日の釧路は肌寒かった…)