読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「恋はみずいろ」を聴きながら

釧路、根室地方エリアで不動産鑑定士をしている小原孝太郎と申します。地元ネタ、普段の生活を中心に書いてます。ブログアイコン、秋らしくチェンジしてみました(笑)

実家近くでの物流倉庫建設工事。

お彼岸ということで、

実家のある大楽毛(おたのしけと読みます。釧路市の西端)まで。

実家の近所を散歩してました。近所の牧場主さんのご好意で、

息子にドサンコを間近で見せてあげられました。

 f:id:obarakotaro:20170319213332j:plain

(おはぎ、美味しかったです)

 

大楽毛(おたのしけ)地区は古くから馬産で栄えた地区です。

私は郷土の歴史や祖父の話で間接的にしか知らないのですが、

戦前、戦中は軍用馬もかなり生産していたようです。

 f:id:obarakotaro:20170319213555j:plain

シャガールの絵みたいな写真になりました。牧場主さんのご好意が嬉しい。私も懐しかったです)

 

ところで・・・散歩の途中に発見したのですが、

国道38号線沿いの星が浦大通5丁目(GS出光さんのお隣)に

ダイワハウス工業さんの物流倉庫が誕生するみたいです!

工事現場の様子からだと、

私が子供の頃に建っていた別会社の倉庫よりも、大きいように思います。

 

f:id:obarakotaro:20170319213802j:plain

(今週仕事で通りかかった時にはこの標識出てなかった気が・・・)

f:id:obarakotaro:20170319213844j:plain

私の中学、高校の頃、不動産鑑定士という資格も知らない十代の頃からずっと、

このあたりでは新規の不動産投資等は起きる気配もなかったのに、

今回こういう大きな工事現場を目にして、正直驚いています。

 

不動産鑑定士であれば、誰もが覚える基準の文言

「不動産の属する地域は固定的なものではなくて、常に拡大縮小、集中拡散、発展衰退等の変化の過程にあるものである・・・(以下略)」を思い出してしまいました。

 

さて、星が浦地区の工業地がどのような価格推移を辿ってきたか、

地価公示ベースでは以下の通りになっています。

平成6年というのは、私が高校三年生の年。

この時に新規地点として星が浦地区に工業地の新規地点が設定されておりますが、

昨年公表された地価公示価格までの推移は以下の通りです。

ネットで簡単に調べられるのですが、今回まとめてみました。

ご参考までに。

 

 

H6.1.1  18,800円/㎡

H7.1.1  18,800円/㎡

H8.1.1  18,800円/㎡

H9.1.1  18,500円/㎡

H10.1.1  18,500円/㎡

H11.1.1  18,000円/㎡

H12.1.1  17,800円/㎡

H13.1.1  16,800円/㎡

H14.1.1  15,300円/㎡

H15.1.1  13,700円/㎡

H16.1.1  12,900円/㎡

H17.1.1  11,800円/㎡

H18.1.1  10,800円/㎡

H19.1.1   9,900円/㎡

H20.1.1   9,100円/㎡

H21.1.1   8,300円/㎡

H22.1.1   7,900円/㎡

H23.1.1   7,500円/㎡

H24.1.1   7,300円/㎡

H25.1.1   7,100円/㎡

H26.1.1   7,000円/㎡

H27.1.1   7,000円/㎡

H28.1.1   7,000円/㎡

H29.1.1  (今月発表予定)

 

少しでも釧路にとって、いい動きにつながってくれたら・・・そう思いました。