読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「恋はみずいろ」を聴きながら

釧路、根室地方エリアで不動産鑑定士をしている小原孝太郎と申します。地元ネタ、普段の生活を中心に書いてます。ブログアイコン、秋らしくチェンジしてみました(笑)

芥川龍之介「戯作三昧」を読んで

先日文春文庫から文庫化された又吉直樹さんの「火花」を読み終え、

巻末エッセイで登場した芥川龍之介の「戯作三昧」を読んでみることにしました。

実はこの作品、SNS上でお見かけした、ある方の書棚にあったので、

前から読んでみたいとは思っていましたが、

年末からの繁忙期を理由にしたり、他の本に目移りしたりといろいろあって(汗)、

いわゆる積ん読状態になってましたが、

これを機にあらためて読んでみたいと思ったのです。

 

f:id:obarakotaro:20170305104537j:plain

(全く関係ありませんが、まだ釧路の朝夕はまだ冷えるので、近所の銭湯にでも行ってゆっくり温まりたい・・・などと考えてしまいました)

 

この作品は結構著名だと思うのですが、実は学生時代もきちんと読んだことはなかったですが、小説家の滝沢馬琴を主人公としております。

「火花」では漫才師が主人公になっており、続けて芸術家といいますか、

表現する立場の人物が主人公となっており、

批判を受ける側だからこその悩みであったり、喜びが綴られておりました。

いろいろなことに煩わされつつも、最後に孫の言葉で救われるという結びで

この作品は終わるのですが、

これは別に芸術家・作家さん、芸人さんだけの話ではないように

思えてなりませんでした。どんなビジネスをしていても、

新しいことを始めたりする時には、批判、反論、中傷などはつきものです。

この本はちょっとそんな時に読むといい作品かもしれませんね。

この作品を読むきっかけをくれた「火花」の又吉さんには感謝しなければなりません(笑)

f:id:obarakotaro:20170225213658j:plain

(読書感想だけではないと思うのですが、表現者、作成者側にきちんと敬意を表するの礼儀かな~と思うのです)

 

ところで、最近、ある友人から「よく本(しかも私の場合、ビジネス書ではなく文芸・小説が多い)なんて読んでる暇があるな~」

と言われてしまったことがあります。

(その彼は公私とも私よりも非常に忙しい仕事をしているのでその言い分もわかるし、自分が環境的に恵まれているのもわかる)

でも、やっぱり文芸書を読むことで普段の仕事の突破口を見つけたりすることも

間違いない事実なので、この習慣は続けていこうと思っています。