「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

久々に釧路和商市場に行って

先週の土曜日のことになりますが、

用事があって家族三人で釧路駅近くにあります、

釧路和商市場に行って来ました。

年末だったので、結構人が出ていましたね。

 

私の子供の頃は、両親が共働きだったので、

祖父母(二人とも故人ですが)によく連れられて、

この市場に連れて行ってもらった記憶があります。

当時市場の中に並んでいたのは、魚屋さん、八百屋さん、肉屋さん、漬物屋さんが

中心で、それ以外のものは殆どなかったように記憶しています。

なぜこんなことを書いたかというと、

今年の夏に閉店となったアベニュークシロ(旧長崎屋釧路店の後継店)から、

駄菓子屋さんや雑貨屋さんが、この和商市場に移ってきていて、

現在は和商市場も非常にバラエティに富んだ構成になっており、

私の息子も、その駄菓子屋さんでいろいろ物色していました(笑)

f:id:obarakotaro:20161219221013j:plain

(相変わらす、乗り物系に目がないうちの息子・・・)

 

そんなわけで、私が息子(4歳)ぐらいだった頃の和商市場とは、

ちょっと雰囲気が変わった和商市場であります。

気になったので、ブログに書いてみました。

実はハタハタの飯寿司を買ってきてちゃんと写真も撮ったのですが、

箸でリフトした写真がピンボケしており見苦しいので、

今回は写真投稿パスします(汗)

 

ハタハタの飯寿司を見ると、

祖母が元気だった頃、ハタハタを11月ぐらいから水抜きして、

張り切って飯寿司作っていたことを思い出してしまいます。

今日も読んでいただき、ありがとうございました!