読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

伝えるということについて

所属している経営者の団体の勉強会がスタートだったのか、

個人的に参加したセミナーがスタートだったか、

定かではありませんが、

積極的に自分の仕事のことを発信するようになって、

約1年ぐらいがたったでしょうか。

自社のホームページを本格的に手直しして

いまやSNSでプライベート、地元情報を中心に発信するようになって、

11月末で1年になります。

 

SNSであれ、自社ホームページであれ、チラシであれ、

これらは全て販促行動の道具として、

一番最初のスタートは捉えていたわけですが、

今は自分の仕事を「正しく伝える」ということが大切で、

いわゆる「売り込み」は二の次なのかなと、

肌感覚でわかってきた気がします。

 

士業の中でも、特殊な仕事ですので、

販促や営業ということには今まで無頓着だったと思います。

また、他のお仕事の方と違い、

売上への影響がわかりづらい時期もありました。

SNSで情報発信すること自体を懐疑的に感じてきた時期もありましたが、

確実に成果は上がってきているように思います。

 

自分の考えなり、感じていることを

(仕事以外であっても)素直に伝えることがいかに重要か、

この1年ですごくわかってきました。

今までは間違った情報を伝えてはいけない、

伝えてはいけないことは伝えてはいけないという、

引き算の考え方をしていたと思います。

今は、これは伝えるべきことだ、これは伝えなくてはいけないことだ、

という足し算の考え方になってきたかな~と自分自身が変わってきたと思います。

(ちょっとわかりにくい表現かもしれません。

私自身は仕事柄、極めて慎重に情報発信してきたということです・・・) 

 

今は、時間や経営資源をいかに活用するか、

そこに経営課題がシフトしてきましたし、

私個人の責任も重くなってきたと感じます。

今年も残りわずかになってきましたが、

今日も一日大事に過ごしていきたいと思います。