「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

Eラーニングのこと。

我々不動産鑑定士も、他の専門家同様、

資格取得後のフォロー研修を受けなくてはなりません。

当然のことながら、法改正を含め、

資格を取ってからの方が勉強しなくては

いけないことがたくさんあるわけです。

 

f:id:obarakotaro:20160908065107j:plain

(思い切って飛行機使おうかな、天馬街道(広尾~様似回り)経由かな

 ・・・と考えたり)

 

私は北海道の鑑定士協会に所属しているので、

札幌で諸々の研修会を受講することが多いですが、

今回の台風連続通過の被害のことがあって、

日勝峠狩勝峠、JR根室本線が寸断されている状況だと、

もし今回高速道路である道東道が寸断されてしまったら、

来月の札幌での定期研修会も参加できなくなってしまう・・・(汗)

そんなことも頭をよぎり、ここ数日仕事の合間に

E-ラーニング受講を活用しています。

 

E-ラーニング制度はわざわざ札幌や東京まで足を運ばなくても

東京で開催された研修会をネット配信してもらって、

私のような地方在住の鑑定士にとって、

都合の良い時に受講できるので非常に便利ではあります。

しかもこういう緊急時には本当に助かる!

都市部での問題を知ることは、直接ではなくとも

すごく地方で仕事している私でも勉強になりました。

 (首都圏は首都圏で、大きな問題を抱えているのですね・・・)

 

しかし、一方でこういう研修会というのは、

同業仲間の顔を見るだけでも違いますし、

情報交換したりする場であって、

ネット配信だけでは、どうしても「もの足りなさ」を感じてしまいます。

やっぱり、こういう専門的な研修でも「ライブ」感は大事かな?と思っています。

「改正マンション建替法」の研修をE受講しつつ、そんなことを考えてました。

(まだ途中です・・・汗)

 

来月の北海道会の研修、時間に余裕をもって、

なんとか札幌入りしたいと思っています。

それにしても、台風直撃とか本当に勘弁して欲しいですね。