読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「恋はみずいろ」を聴きながら

釧路、根室地方エリアで不動産鑑定士をしている小原孝太郎と申します。地元ネタ、普段の生活を中心に書いてます。ブログアイコン、秋らしくチェンジしてみました(笑)

「カフカ短篇集」に再挑戦。

久々に読書の投稿になります。

出張先の書店で見つけた岩波文庫の「カフカ短篇集」を

読んでいます。一つ一つは短い小説なのですが、非常に難解ですね(汗)

実は大学1~2年の頃、挑戦しましたが、

よくわからず、途中で挫折した記憶があります。

 f:id:obarakotaro:20160827204909j:plain

約20年ぶりのリベンジになりますが、

今回も苦戦してます。読むことは読めるけど、

その意味は? 読者に委ねられるというか・・・(汗)

興味ある方はぜひ一読を。睡眠薬代わりになるかもしれません。

 

私の感想としては、

カフカという作家さん(今でいう公務員だったらしい)が、

今生きていても、SNSは絶対投稿しないタイプだったんじゃないかと思ったのと、

こういう非常に難解で、ネガティブなテイストの小説は、

人工知能が人間の嗜好を分析して小説書く時代になっても、

多分書けないんじゃないかと思いました。

多分人工知能がこういう小説書けるようになったら、

それは人工知能やロボットが感情を持ったということになるのでしょうか・・・