「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

情報収集ツールとしてのSNS

今日はオフィシャル的には休みですが、

溜まっていた資料を読んだり、まとめたりしておりました。

SNSは情報発信を行うツールや

コミュニティを築いていく関係性構築ツールとして

極めて優秀だということは、

私も遅ればせながら感じておりますので、今回はパスして・・

情報収集ツールとしてもすごく重宝しているという実経験を書きます。

 

具体的には・・・

仕事柄、過去一年間に起きた長期的な地域分析、期間分析に役立ちそうな

地元経済ニュース、トピックを切り取ってPDF化し、収集しておりますが、

ここで自分なりのコミュニティをうまく作っていけると、

同じことに興味を持っている方々(例えば街づくりに関心がある方、釧路出身者の方)

が同様に関心を寄せているニュースや新聞記事のSNSにて発信してくれるので、

(私の場合だと、地元釧路・根室の店舗・工場の出店、閉店情報など・・・)

仮に市外出張等で見落としてしまった場合でも、

その発信日の前後の記事に注目すれば

比較的短時間で紙媒体やネット配信情報にアクセスできることになります。

(例えば、アベニュークシロの閉店記事は〇〇さんが4月1日にSNS投稿していたな・・・じゃあ、その前後の各紙を全部読もう!みたいな感じ)

 

SNSに出遅れた1年前までの私は、一度記事を見落とすと、

(確かにあの記事読んだけど、いつの記事だったっけ?みたいな事態になったり)

過去一年の新聞記事を全てめくるという非常に非効率なことをしていたわけですが、

今回はそんなことはなくなりました。

f:id:obarakotaro:20160820173659j:plain

(ポジティブなニュースも、ネガティブなニュースも、

 両方きちんと見るよう、心がけてます。

 フリーペーパー、チラシ、SNSの地元出店情報も楽しみながら見てますよ!)

 

やはり新聞報道は公平中立なものと信じていますので、

地元紙や各紙ローカル欄を中心に私の場合はすごく資料としても大事に考えています。

今回は珍しく仕事のことを投稿してみました(笑)