読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「恋はみずいろ」を聴きながら

早いものでブログを書き始めて半年になりました。地元ネタ、普段の生活を中心に書いてます。ブログアイコン、秋らしくチェンジしてみました(笑)

釧路北大通を通って

釧路のこと

本日午前に法務局調査と役所調査があり、

市内中心部まで車を走らせました。

仕事柄釧路市中心部(官庁、JR駅のあるエリア)には足を運ぶ方だと思います。

 

ここ20年以上、地価下落が続いてきた釧路市北大通地区ではありますが、

ここ最近、ビル建替えや解体工事が複数見られる状況になっており、

今現在、北大通三丁目の新道銀ビルが建設中であり、

f:id:obarakotaro:20160629135239j:plain

北大通十丁目ではかつてのくしろデパートが解体されてます。

f:id:obarakotaro:20160629135324j:plain

記念になるかと思い、写真撮ってきました。

 

私個人の思い出といえば、市内西端の大楽毛地区から、

JR釧路駅経由で市内の高校に通っていた頃、

北大通や末広、栄町は通学路みたいに毎日通っていたエリアでした。

丸井今井釧路店もまだ当時は営業しており、

ブックセンターも山下書店もあって、JRの待ち時間に

よく立ち読みしていた記憶があります。

 

釧路北大通に限らず、

街が変化していくということに対して、

郷愁を感じたり、特別な感情があったり、感傷的になったり、

することは誰でもあるでしょう。

ただ、不動産鑑定士としては、地元釧路が変化していくということは、

現在進行形の客観的事実、現象であり、期待も失望もせず、

客観的に見つめていくことが大事なことではないかと。

 

そのために地元のことだけではなく、

東京からの視点、札幌からの視点、同規模他都市の視点も大事だと思う。

ネット、SNSが普及したとはいえ、やはり実際に定期的に足を運んで、

地元との温度差、共通点を感じてみることが、

地域の実情を知ることに加えて、とても大事ではないかと最近考えています。