「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

釧路のこと

「遠い山なみの光」を読み終えて

少々時間がかかりましたが、カズオ・イシグロさんの「遠い山なみの光」を少し前に読み終えました。 今まで読んできた「日の名残り」「浮世の画家」「わたしを離さないで」は自分の宿命を受動的に受け入れた中で展開されていく物語だったように思いますが、こ…

今年最初の釧路こども遊学館。

今日の午後から親子三人で、地元の子ども向け施設「釧路こども遊学館」へ行ってきました。幼稚園が冬休みに入ってから、妻と息子はすでに何回か足を運んでいて、クリスマスツリーの話など聞かせてくれたのですが、こういう新年早々に足を運んだのは初めてで…

大楽毛神社で初詣。

新年明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。今年の元旦は、私の方の実家のある大楽毛(おたのしけ)神社で初詣に行って来ました!以前ブログで書いたことがあるのですが、こちらの神社の隣には私が通っていた小学校のスケートリ…

釧路にもスターバックスが出来た。

今週、私の住む釧路にも、とうとうスターバックスコーヒーの一号店がオープンしました!場所は、新釧路川沿いの鶴見橋という橋の近くにあります。釧路中心部からみて、やや西部寄りのエリアで、今のところ、新釧路川に架かる六つの橋の内、上流から二番目に…

道東沖の巨大地震予測で感じたこと

昨日の夕刊から今日の朝刊にかけて、北海道太平洋側の、この道東沖(千島沖から根室沖、十勝沖にかけて)で向こう30年間のうちに、マグニチュード9程度の巨大地震が発生する危険性が非常に高まっているとする政府の地震調査委員会の発表が、大きくニュー…

2017年、家族との時間を振り返る。

この一年ブログを書き続けたものを振り返ってみると、私個人にとっての2017年は、今までやりたくてもなかなかできなかったことを初めてやってみたり、子育てや独立開業の関係で中断していたことを再開することが多かった一年だったと思います。こういうふう…

「わたしを離さないで」前半の感想。

カズオ・イシグロさんの代表作「わたしを離さないで」を引き続き読んでいます。1日1章ずつ読むつもりでしたが、途中から読むペースがついつい上がってしまいました(笑)この小説、ミステリ調になっています。新聞やSNS、ネット記事で、「◯◯◯◯人間の若者た…

柳町スケートリンクにて

昨日は親子三人で釧路市内柳町という場所にあるスケートリンク場まで行って来ました。ここはスピードスケート競技の国体会場になったり、オリンピックの国内予選会場にもなったリンクのすぐ横(最近は帯広に押されてますが…)私がスケート靴を履くのは大学生…

ドラマ「マチ工場のオンナ」を見ています。

あまりテレビドラマ、特に連続ドラマはあまり見ない私ですが、NHKで毎週金曜に放送されている「マチ工場のオンナ」を録画視聴しています。この秋、所属している中小企業家同友会くしろ支部の経営セミナーで、原作者である諏訪貴子さんのお話を直に聞いたこと…

2年目のスマホ活用のこと。

去年からスマホやSNSを活用するようになり、ブログも400記事を超えることができました。去年はスマホを介して世界が広がっていくのが、純粋に楽しく、その楽しさが公私ともにとても良い影響をもたらしてくれた一年だったかと思います。それに対して、今年は…

カズオ・イシグロさん「わたしを離さないで」を読み始める。

実家の父の書棚シリーズも一巡し、いよいよ今年のノーベル文学賞受賞者のカズオ・イシグロさんの代表作「わたしを離さないで」(原題 Never Let Me Go)を今朝早朝から読み始めました。周りの方々からはおススメされてきたので楽しみにしていた作品でしたが…

見事なタコ足のおすそ分け。

堅い内容のブログが続いてしまいましたが、久々のおすそ分けグルメシリーズです(笑)年の瀬が迫る中、お正月用にと、ある方から見事なタコ足を知人から二本もおすそ分けしていただきました!お正月はこれでタコ刺しがたくさん食べられます(笑)室蘭時代、居酒…

雪の中で土地を見ることについて

今年の釧路は、いつもより早く積雪期に入りました。不動産鑑定士という仕事柄、雪が降ってからも、土地、建物を見に行く機会が多いです。 雪が降ってからだと、なかなか土地そのものが見えにくくなったりしますが、それでも、北海道の土地を購入したり、借り…

「手掘り日本史」を読み終えて

昨晩司馬遼太郎さんの「手掘り日本史」を読み終えました。司馬遼太郎さんが作家になったいきさつのエピソードなど、興味深く読ませていただきました。中国の歴史書「史記」を書いた司馬遷から名前をとった話はなんとなく聞いたことがありましたが、書いた小…

羽生善治さん「決断力」を少し再読。

今週新聞、テレビニュース、SNSでよく登場した話題の人物、将棋で永世七冠を達成された羽生善治さんの「決断力」を本棚から取り出して薬十年ぶりに読んでみました。奥付を見ると、2005年初版になってます。ですが、驚いたことに内容が全然古くないのです!(…

年末年始の足音が

今年も残り一ヶ月を切りました。私も皆さん同様、バタバタとした日々を過ごしております。昨日は妻が事務所のしめ飾りを買ってきてくれました。商売繁昌を願って、去年より大きめのものを買ってきてくれました(笑)(残り少なくなった今年も、来年も皆さんと…

司馬遼太郎さん「手掘り日本史」を読む。

長編小説「菜の花の沖」はそれほど読み進められていないのですが、同じ司馬遼太郎さんの「手掘り日本史」という短めの作品を並行して読んでいます。副読本みたいな感じでしょうか。人工知能に置き換えられない職業の具体例に「歴史家」というのがありました…

この冬初めての除雪。

昨晩から今日の昼過ぎにかけて、とうとう釧路にもまとまった雪が降りました。朝と昼の二回に分けて、事務所前にて雪かきです。湿った雪で結構しんどかったのですが、嬉しいことに5歳になった息子も除雪を手伝ってくれました!去年やその前の冬は、雪かきを…

自分にとっての「卑」とは

昨日就寝前に城山三郎さんの「野にして粗だが卑ではない」を読み終えました。日本国有鉄道のトップの方のお話なので、私のような凡庸な人間には無関係な話のように思えたのですが、エピソードが続いていく構成でしたので、意外に早く読み終えた気がします。…

「牡蠣と生海苔の生姜和え」を作る。

風邪気味なので朝から今日一日ほぼ室内で過ごしておりました。父の書棚から拝借してきた数冊の文庫本を朝から読みつつ、家族と過ごしていたのですが、朝方読んでいた池波正太郎さんの「剣客商売包丁ごよみ」、これに出てくる一品料理が気になって、どうして…

発電量よりも気候変動を探るツールとして

今日は市内子供向け施設のクリスマスツリーの点灯式を見て来ました。今年も残り僅かとなりました。日々大切にすごしていきたいと思います。 恒例の先月11月のわが家の家庭用ソーラーパネルの発電量です。先々月10月は苦戦しましたが、過去3年のうち、今…

城山三郎さん「粗にして野だが卑ではない」を読み始める

先日実家の父の書棚から借りてきた文庫本のうちの一冊、城山三郎さんの「粗にして野だが卑ではない」を読み始めました。司馬遼太郎さんの「菜の花の沖」と並行して読んでいる感じです。(文庫本の値段、380円と書いてあるのに驚きました。私が初めて買っ…

霧多布(きりたっぷ)からの手紙。

今日地方出張から事務所に戻ると、ポストに定形の茶封筒が…。今年から入会した霧多布湿原ナショナルトラストからのお手紙でした。今年はワタスゲやエゾカンゾウの花が綺麗に咲いたそうです。釧路からほんの少し離れているだけなのですが、ベストシーズンには…

「ブラタモリ」洞爺湖編の再放送。

仕事がひと段落ついたので、深夜再放送されたNHKの人気番組「ブラタモリ洞爺湖編」を録画し、家族と見てました。地域によって違うと思いますが、私の住むエリアでは昨日深夜に再放送されたのです。この回も貴重な映像が満載でしたね。昭和新山や有珠山の先人…

ブログ400投稿のこと。

ブログ投稿が節目の400記事に到達したので最近の自分のデジタル発信を振り返ってみようと思います。ブログについては、毎日発信というのは難しいのですが、1日1投稿というペースは大分定着してきたように思います。多分私は実際に話をするより、文章を…

アート&スイートスタンプラリーのこと。

市内のアートスポットやお菓子屋さんを巡るまちなかギャラリー&スイーツスタンプラリーに挑戦して来ましたが、残り三箇所を残して昨日26日をもって終了となりました(涙)せめてあともう半日あれば完全制覇できたのですが… (三箇所廻ると抽選資格があるら…

「菜の花の沖」冒頭の感想。

釧路空港初のLC Cによる関西便の来夏就航が発表され、近畿地方と道東地方が近くなるだろうと予測される中、司馬遼太郎さんの「菜の花の沖」の第一巻を読んでいます。考えてみれば、釧路、根室地方と西日本との縁はものすごく深いですよね。この第1巻にはフ…

司馬遼太郎さん「菜の花の沖」を読み始めた途端に

河﨑秋子さんの「肉弾」を読み終えた次の寝る前の読書シリーズは、司馬遼太郎さんの「菜の花の沖」(第一巻)を読み始めました。道東生まれ、道東育ちの私であるにもかかわらず、まだ読んだことがない作品で、根室の史跡、銅像を見たときから読みたいと思う…

チューリップ、釣り道具、甘酒。

昨日の夕方から釧路市内でも雪が降りました!路面があっという間に白くなり、これからは車の運転時は気をつけなくてはいけません。昨日の日曜は雪の予報も頭にありましたので、ほぼ室内で過ごしてましたが、午前中は晴れ間が覗いていたので、チューリップの…

大楽毛駅の思い出。

今日は私の実家まで息子と妻と行って来ました。両親とわが家の親子三人で昼食です。私の実家は大楽毛(おたのしけ)地区という釧路市内西部にあります。大楽毛地区にはJRの駅が二つあります。大楽毛駅と新大楽毛駅です。今日は大楽毛駅の周りを散策してきま…