「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

近況報告

子どもの時以来の観覧車と釧路市動物園

今日は、以前からの息子との約束で釧路市動物園へ!今日は遊具が無料ということで非常に賑やかな動物園でした。私自身も、この一年全然動物園から足が遠のいていたので、久々に動物たちと会えるのが楽しみでした。以下、写真でお楽しみ下さい(笑)(サル山…

息子が作ってくれたサンドイッチ

話はさかのぼりますが、先週北海道教育大学釧路校にて、とある子育て教室に参加してきました!普段は妻に任せがちな、ダメな父親なのですが、これがすごく良かった。北海道教育大学釧路校、中に入るのは、高校三年生の冬、大学入試センター試験以来だったの…

エンジン01の土産話を聞きながら

昨日から釧路では。第一線でご活躍される文化人の方々が一同に会する「エンジン01」というイベントが開催されています。私の妻も参加してきました。今回は男女参画が主たるテーマだったからということもあり(笑)、私は後方支援、妻の受講中、息子と過ごし…

古本屋の池波正太郎さん「夜明けのブランデー」

二週間ぐらい前、散歩の途中に立ち寄った釧路市内の古本屋さんで買った池波正太郎さんの「夜明けのブランデー」というエッセイ集を今読み終えました。読みやすい文章でしたが、一節一節重感があったのと、他の本(文芸書のほか、最近ビジネス書や仕事関係の…

ブラックアウトと釧路の地名

今年9月6日発生した北海道胆振地方東部を震源とした大地震に端を発したブラックアウトでしたが、幸いにも自宅も事務所も、その日の夜には電気が復旧し、翌日朝からは通常通り、業務を再開しました。なるべく普段通りの生活をすることが、こういった災害の…

ブラックアウトと満天の星

中途半端になってしまいましたが、去る9月6日の北海道胆振地方中部で発生した大地震と、それによる大規模停電の話を書きます。夕方、西日が強烈に照っていた時間帯に炊飯器でお米三合分を炊いて、オニギリを握り、カセットコンロで冷蔵庫内の卵を茹でたり…

ブラックアウトと電気炊飯器

今日は残業していたので、日付が変わってしまいました。すみません。昨日はカップ麺が目の前で飛ぶように売れていったエピソードを紹介しましたが、今思えば地震発生日のお昼前後が一番大変だったのかもしれません。地震発生の午後、ラジオから停電から復旧…

ブラックアウトとカップ麺

昨日の続きです。ブラックアウトによる停電長期化を報道により知った私は、徒歩圏内のコンビニを二軒はしごして、二食分のカップ麺とバナナを調達しました。コンビニの店員さんが電卓で計算していたのが、印象に残っていて、この非常事態の様子を目に焼き付…

ブラックアウトとSNS

昨日の続きです。9月6日早朝に胆振東部でかなり大きな地震が発生したことについて、スマホからの情報により知り得た私達でしたが、停電によりテレビも朝食の準備もできない状況でした。(釧路川沿いの散策路。地震前の日曜日に撮影)道央エリアと道東エリ…

ブラックアウトと家庭用太陽光発電

今日は9月6日に発生した北海道胆振地方東部を震源とする震度7の地震に伴う北海道全体の停電のことを書きます。あの日の早朝、私は気持ちの悪い横揺れで目を覚ましました。もしかしたらこれは地震ではなくて、めまいではないかと思ったほどです。ツイッター…

ブログをお休みしてました。

読者の皆様、大変ご無沙汰しております。しばらくの間、ブログをお休みさせていただきました。書いてきた内容について、ちょっと立ち止まって振り返りたいという気持ちがありましたし、惰性で続けているだけではないかという思いもどこか持っていたからです…

ブログが続いていることについて

久々にデジタル発信のことについて書こうと思います。こうやって自分がブログを書くという習慣が続いていることについて、周りを見渡してみると、意外に少数派に属する行為なのかもしれないと感じるようになってきました。別にそのことに自負を持つほどの内…

花火大会の音が鳴り止んで

お盆明け、釧路の事務所に戻ると色々とやるべきことが山積しており、昨日はブログをお休みしてしまいました。今日も釧路では花火大会がありましたが、今日中に仕上げたいものがあり、今年の花火大会は私一人、事務所で仕事をしながら音で楽しませていただき…

エンドウ豆の収穫とメンデルの法則。

午前中、事務所で事務作業した後、午後からは実家の両親に孫の顔を見せに行って来ました。若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」で両親のこと、既に個人の祖父母のことが脳裏に浮かんだから・・・かもしれません。実家は釧路市内の西部郊外にあります…

今年の釧路湿原マラソンの抱負。

いよいよ、次の日曜日7月29日に、釧路湿原マラソンが迫って来ました!今年は4月、5月、6月は週1〜2回走り、走らない日もウォーキングしたりして、脚力を鍛えてましたが、7月入ってから、ぱたと走行距離が落ちてます(笑)今回の目標は、参加すること。昨…

本を聴くことについて僕の語ること。

若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」を読み始めたとSNS発信したところ、関係者の方からオーディオブックの無料視聴サービスを推奨するコメントが…この作品、音読向きというか、東北弁がアクセントになっているので、試しに聞いてみたいな、と思い、…

弊社HPを見直し中。

不動産鑑定業の更新手続きが終わったこともあり、五年という一つの節目を迎えたこともあって、弊社ホームページの内容更新を少しずつ進めているところです。とくに変えたいと思っているのは、不動産鑑定評価の活用場面のところ。当初私の方で想定していた活…

熱中症搬送のニュースを見るたびに

購読している新聞夕刊社会面に熱中症で搬送された方が日本全国で一万人近い数に上ったとの記事がありました。この涼しいといいますか、少し前まで肌寒い7月を過ごしていた釧路在住の私としては、どこか別世界の話のようにも思えるのですが、気になったのは…

井上靖さん「猟銃・闘牛」の中の「猟銃」

7月三連休、最初の土曜日と最後の海の日は良い天気でしたが、間の日曜日は天候に恵まれず、屋内で読書をしてました。昨日書いた林真理子さんのエッセイ「ルンルンを買っておうちに帰ろう」のほか、もう一冊、井上靖さんの初期の作品集「猟銃・闘牛」を読ん…

水菜の発芽と釣果の日干し。

日付が変わってしまいましたが、16日、17日と釧路は晴天に恵まれました。日焼けしたうでや顔がヒリヒリします。仕事前に家庭菜園に目をやると、春(全国的にはかなり遅めでしたが)に種まきした水菜が発芽してました!(雑草も育っていたので除去しまし…

林真理子さん「ルンルンを買っておうちに帰ろう」を読む。

林真理子さんの作品を実際に手をとって読むのは、実は初めてになります。NHK大河ドラマ「西郷どん」の原作本とか、全国紙で連載されていた「下流の宴」とか、話題作となった「野心のすすめ」とか、興味をもった本はいくつかあったのですが、意外にもこれまで…

「菜の花の沖」ついに完読す。

ついに司馬遼太郎さんの「菜の花の沖」を昨夜読み終えました。一度挫折しちゃったこともあるので、ものすごい達成感、そしてちょっとした喪失感があります。この稿を書くにあたって、自身のブログタイトルを振り返ってみましたが、再チャレンジしたのは、5…

初夏の書店の文庫フェア

先日の札幌出張の移動時間を読書に充てようと思い、釧路市内の書店で司馬遼太郎さんの「菜の花の沖」の最終第6巻を購入してきました。その際、書店の平積みコーナーに目をやると、集英社文庫、新潮文庫、角川文庫の各文庫の夏のフェアが始まってました!肌…

好天なのでバーベキュー

釧路にては気温が上昇し、晴天に恵まれたため、今日は夕方からバーベキューをしておりました!子ども達も大喜び。ずっと冷んやりした日々が続いておりましたが、やはり外で大人数で食べるご飯は楽しいものです。(潮干狩りのアサリ、やきとり、蒸しイモ、釧…

先週の読書会での気づきと反省。

先週土曜日は、隔月で釧路市内で開催されている読書会に参加してきました!課題図書を毎回一冊決めて、テーマに沿って感想を述べ合うという形式で行われる読書会です。前回はカズオ・イシグロさんの「日の名残り」でしたが、今回は井上靖さんの「あすなろ物…

カブトムシが成虫に

週明けのせいか、今日はバタバタとしていたのですが、自宅に戻ると何やら騒がしいので、妻と息子に尋ねてみると、飼っていたカブトムシが成虫に脱皮したとのこと。見てみると、背中の羽根が白っぽい他は、図鑑でみるカブトムシそのものになってました!(写…

スズランの花の季節に

まずは、今日の朝、大阪を震源とする震度6弱の地震が発生しました。被害に遭われた関西地方の皆様に心からお見舞い申し上げます。さて、昨日の夕方、事務所にスズランの花を飾りました。とても良い香りがします。こういう震災が起きた時でも、せっかく読ん…

父親として振り返り。

今日は父の日。5歳の息子から誕生日プレゼントの似顔絵をもらいました。金曜日に幼稚園で描いたものらしいですが、やはり、すごく嬉しいものです。不動産鑑定士として、経営者として自分を振り返ることは多々あっても、父親としてどうだったかなと振り返る…

久々に自転車で移動する

三日ぶりに晴れ間がのぞいた釧路です。本日は午前仕事で中心市街地に用事があり、久々に自転車で移動してみました!風はまだ冷たかったけれど、この短い初夏の季節を逃すと、機会は無くなってしまうかなと思って、ペダルを漕いでみました。私の住んでいる鉄…

初夏にストーブに点火しつつ

北海道はここ数日、6月としてはかなり気温が低めでした。一昨日の日曜も快晴ではあったのですが、外に出ると体感温度は低く、かなり肌寒かったです。本州以南の方や、北海道でも比較的温暖なエリアの人は驚くかもしれませんが、6月でもストーブに火をつけ…