「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

不動産鑑定

定住人口の分析だけでいいのか?

今日の北海道新聞朝刊にて、北海道の体験移住、長期滞在者が増加傾向にあり、 特に釧路市は6年連続で北海道内第1位であったと読みました。 私の住む釧路市は17万5千人を割り込み、この春苫小牧市にも抜かれ、 北海道内の人口第4位の座から後退してしま…

不動産鑑定シンポジウム@札幌を申し込む

私が所属してます日本不動産鑑定士協会連合会の集団研修である不動産鑑定シンポジウムが今年の夏、札幌で開催されます。こういった全国規模の鑑定士の集団研修に参加するのは、平成27年2月に滋賀県で行われたものに参加して以来になります。最近はEラーニン…

「賃料評価の実際(改訂版)」が届いた

地元の本屋さんに頼んでいた田原拓治先生著の「賃料評価の実際」(改訂版)が、届いたとの知らせが昨日あって、本日お昼に受け取りに行って来ました。改訂前の同著、田原先生(面識は全くないです)の鑑定コラムもいつも参考にしてきたので、今回の改訂版は…

最近収益物件評価で気をつけていること

何ヶ月ぶりかの、本業の不動産鑑定のブログになります(笑) 最近、居住用収益物件の案件を行うに際して気をつけていることがあります。 ご依頼者様から、アパート、賃貸用マンション等の案件の依頼を受けた場合、 収益還元法という手法が中心となるために、…

長距離運転のこと。

雪が降り積もる前にやることが多い仕事だと、 以前ブログで書きましたが、 北海道の中でも、この釧路・根室地方は、高速道路もないエリアですので、 やはり車での移動の仕事は、雪が降ったり、路面凍結する前に、 できるだけ済ませてしまいたいと言う気持ち…

SNSの影響力を実感。

今日は仕事の関係で国道44号(釧路・根室間の国道です) を走りましたが、何日か前にある方がFB投稿にて紹介していた 「のむヨーグルト」が非常に気になったので、 浜中・茶内のコープに寄り道して、 家族にお土産用に買ってみました! ラスト2本しかな…

鑑定評価のプロセス

久々に不動産鑑定のことについて書きます。 ある鑑定評価書があったとして、 その結果(鑑定評価額)が仮に適正な価額・水準を表示していたとしても、 その試算プロセスの途中で、 採用された手法や数値、事例などに明らかに疑わしいものがあった場合、 結果…

釧路外環状線入りの新住宅地図。

本日夕方、市内の本屋さんに注文していた 釧路市の住宅地図が届きました! 不動産を仕事にしている割には、買い替えるのが遅くかったかも しれませんが、今回は外環状線がきっちり入っており、 新しい時代の到来といいますか、何か新鮮に感じました。 今回は…

大楽毛神社参拝

会社を経営するようになってから、 神棚に手を合わせたり、神社に足を運んだりすることが 増えた気がします。私のように従業員を抱えているわけではない会社でも、 気持ちを整えたいというか、 何かにすがりたいという場面が増えたからでしょうか。 仕事の移…

都市計画図の買い替え

今日は地元釧路の都市計画図を約5年ぶりに買い替えました。 用途地域ごとに色分けされている地図のことです。 (商業地域、工業地域、第一種住居地域など・・・ 業界外の方はなじみが薄いかもしれません・・・聞いたことありますか?) 釧路圏都市計画図は…

今朝の朝刊六紙を読んで

昨日の夕方、 平成28年度の地価調査、基準地価が公表されました。 各都道府県が、毎年7月1日時点の㎡当の土地の値段を公表するという、 いわゆる公的評価の一つです。 公示地価は、毎年1月1日時点の㎡当の土地の値段を公表しますが、 都市計画区域外の…

賃料評価のこと。

最近、現在釧路市北大通で建設中されている新ビルについて 賃料評価をめぐる新聞記事をよく目にします。 その内容等については、他社さんの鑑定なので具体的なコメントは 控えさせていただきますが、 なじみが薄い「不動産鑑定評価」を、 一般の方々に興味を…

Eラーニングのこと。

我々不動産鑑定士も、他の専門家同様、 資格取得後のフォロー研修を受けなくてはなりません。 当然のことながら、法改正を含め、 資格を取ってからの方が勉強しなくては いけないことがたくさんあるわけです。 (思い切って飛行機使おうかな、天馬街道(広尾…

私が同友会に入会した理由。

昨年から入会させていただいている (一社)北海道中小企業家同友会くしろ支部のとある会合の場で、 ある方から「なぜ小原さんは同友会に入ったのですか?」という質問を受けました。 「もともと経営のことを勉強したかったし、人脈を広げたかったから」 と…

平成28年の路線価発表に思う

昨日平成28年1月時点の相続税路線価が公表されました。 地価公示、地価調査と比べても、公表地点がダントツで多いため、 公的評価の中では最も身近な公的評価といえるかもしれません。 昨夜のニュースや、今朝の朝刊で目にした方も多いと思います。 全国…

独立してもうすぐ三年目。

不動産鑑定士として独立して、もうすぐ丸三年になります。 色々な意味でまだまだですが、 地元釧路に帰ってきて、信頼や良い人間関係を築けてきたと実感します。 私は居候時代は室蘭市という北海道南西部の工業都市で 同じく鑑定事務所で約9年間勤務してお…