「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

2018-07-11から1日間の記事一覧

ラストが迫る「菜の花の沖」

大きな仕事をひと段落させ、ちょっとブランクがありながらも、司馬遼太郎さんの「菜の花の沖」最終第六巻を読んでいます。ラストまであと100頁あたりまできました。ロシア側の人質になった高田屋嘉兵衛さんと、ロシア船の艦長リコルドとの緊迫したやり取…