「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

夕張視察研修のこと。

先週いつも釧路と道央(士協会がある札幌、妻の実家の室蘭がほとんどですが)

を行き来する際には、必ず通過する夕張市を見学する機会がありました。

(通過するだけで、立ち寄る機会があまりなかったという方が正しいかもしれません)

業界団体である日本不動産鑑定士協会連合会の視察研修で、

かつて道内有数の鉱山都市として繁栄しながら、

国内唯一の財政破綻団体となった夕張市内の旧観光施設、

コンパクトシティの先進事例である住宅施策、

そして、現在の観光資源、施設をめぐるというこの視察研修に

申し込み、先週参加してきました。

 f:id:obarakotaro:20170802211826j:plain

私の業界では座学的な研修が多かったのですが、

こういう街歩き的な企画は、なかなか無かったので、

今回企画を知った時点で参加してみようと思い、申し込みました。

コンパクトな街づくりについては、

釧路市でも導入を提案している方もおられるようです。

釧路で独立してから、プライベートを含めて、道央へ足を運ぶこと自体、

減ってしまったので、普段通りすぎるだけだった夕張の町を

新鮮な視点で見ることができました。

 f:id:obarakotaro:20170802211139j:plain

 

 

まずは「石炭の歴史村」です。

私たちの団体のほかにも、県外からの小学生の見学バスが停まっていました。

私の住む釧路でも、国内唯一の炭鉱は残っているのですが、

今も海底で掘削中の炭鉱なので、ここまでしっかり見学できるところというのは、

なかなか無いと思われます。

 

f:id:obarakotaro:20170802211914j:plain

f:id:obarakotaro:20170802210328j:plain

(ここで見学者向けのヘルメットに釧路市内の企業さん名を発見。海外からの研修を受け入れつつ、海底採炭を続ける会社さんです)

 

ガイドさんの口からズリ山、選炭場等、どこかで聞いた名称が並んだのも

すごく印象的でした。

 

次に向かったのが「シューパロダム」です。

このシューパロ湖(人造湖)の湖底には、かつて鹿島地区という町があったところ。

今は治水工事も成功し、カヌーなども楽しめるそうです。

秋の紅葉シーズンは多くの方で賑わうとのこと。

私も秋にJR新夕張駅周辺を通ったときには、素晴らしい景観だったのを記憶していますので、このあたり素晴らしい景観なのだろうなぁと思いました。

平坦な湿原地帯の釧路と違って、壮観な大規模なダムを見ると、

地勢の違い、治水工事の困難であったろうことを想像してしまいます。

f:id:obarakotaro:20170802210503j:plain

(お土産にダムカードもいただきました。釧路・根室地方にはない壮観な風景ですね。)

 

途中、公営住宅の改修や各地区をめぐりつつ、

最後は国道沿いの観光施設・夕張市銘産センター「めろんのテラス」へ。

夕張メロンもいただきましたが、

昼食バイキングで食べたズッキーニやたまねぎも美味しかったです。

f:id:obarakotaro:20170802210612j:plain

お土産には、夕張メロンの漬物、メロンゼリーを妻と息子に買って帰りましたが、

妻の実家である室蘭の帰りにでも、

息子とは(もう少し大きくなってからがいいかもしれませんが)

また一度訪れてみたいものだと思いました。

 

今回は情報交換を含め、視察研修会でした。

今回準備・運営された

札幌の不動産鑑定士の先生方、事務局の方に感謝したいと思います。

f:id:obarakotaro:20170802210829j:plain

(「幸福の黄色いハンカチ」をイメージした展示がなされてました。釧路で開催されている高倉健さんの特別追悼展も足を運んでみようと思います)

過去23ヶ月分のわが家のソーラーパネル発電量。

早いもので、今年もすでに7ヶ月が経過して、今日から8月スタートです。

恒例のわが家のソーラーパネル発電量を記載します。

月間発電量は今月で4ヶ月連続で、対前年比でプラスになっています。

去年は長雨でしたが、今年の釧路は晴天の日が多い気がします。

以前達古武湖でカヌーをしたときに、

今年の釧路の夏は、雨が少なく、川の水位が低いという話を聞きましたが、

家庭用ソーラーパネルの発電量を見ても、

それは裏付けられたということでしょうか。

f:id:obarakotaro:20170716143133j:plain

 

来月8月で、2年目のデータが出揃いますが、

年間ベースで、1年目の発電量を上回ってくれるといいな~と思っています。

ちなみに11ヶ月ベースで今のところ、

セカンドシーズン発電量が、ファーストシーズン発電量を僅かに上回っています。

(4841.1kwh>4834.3kwh)

 

 

平成28年8月  396.3kwh

                  9月  341.0kwh(前年 410.8kwh、-17.0%)

              10月  485.4kwh(前年 470.5kwh、    +3.2%)

    11月  323.8kwh(前年281.1kwh、+15.2%)

    12月  228.8kwh(前年329.3kwh、-30.5%)

平成29年1月  278.4kwh(前年383.1kwh、-27.3%)

     2月  401.7kwh(前年449.6kwh、-10.6%)

     3月  569.4kwh(前年591.8kwh、 -3.8%)

     4月  575.7kwh(前年507.0kwh、+13.6%)

     5月  581.4kwh(前年569.3kwh、 +2.1%)

     6月  536.9kwh(前年406.7kwh、+32.0%)

     7月  518.6kwh(前年435.1kwh、+19.2%)

20代よりタイムが良かった釧路湿原マラソン

今日は、第45回釧路湿原マラソン大会に参加してきました!

わたしにとっては、7年前に伊達ハーフマラソンに出て、

スト2キロ足が動かなくなり、制限時間ぎりぎりでゴールに辿りついて以来の

市民マラソン大会出場です。

9年前(31歳)の時、10キロに参加したこともあります。

 

f:id:obarakotaro:20170730210420j:plain

今日は曇りで、霧っぽい天候で、気温も15度~20度ぐらい。

本当に走りやすい絶好のマラソン大会日和でした。

 

5月・6月はわりと週1~2回走る時間ができたのですが、

7月に入ってからは、練習をサボりがちでしたので、

年齢のこともあって、不安でしたが、

なんとかジョギングペースで、

最後まで歩かずにゴールまで辿りつくことができました!

記録は0:17:45。18分切れると思ってませんでしたので嬉しかったです。

3キロ出場は少し弱気すぎるかなと思ったのですが、

前日まで出張が入っていたので、無理をしないで正解だったかもしれません。

 

f:id:obarakotaro:20170730210811j:plain

(参加賞も前に出た時よりも豪華になった気がします)

 

ちなみに私の初マラソン大会(27歳の時)も、この釧路湿原マラソンでしたが、

その時の記録証がこれ。0:19:55となっていますので、

20代の頃より結果的にタイムが良くなったということみたいです。

裏を返せば20代の私は軟弱そのもの・・・ということでしょうね(笑)

 

これをはげみに次回からは、もっと練習して(お酒も控えて・・・)、

5キロ、10キロと少しずつ距離を伸ばしていけたら、と思っています。

第33回不動産鑑定シンポジウムに参加

昨日まで札幌市で行われた第33回不動産鑑定シンポジウムに、そして夕張市再生事例見学会に、2日間にわたり参加して、本日釧路に戻って参りました。不動産鑑定士の集合研修に参加するのは、約一年ぶりでした。

f:id:obarakotaro:20170729223620j:plain

「地方創生における不動産鑑定士のかかわり」というテーマでしたが、内容そのものよりも、久々に他地域の鑑定士の方々との情報交換できたこと、地域再生に関するリアルなお話を直に聞くことができたことが非常に意義がありました。

f:id:obarakotaro:20170730133459j:plain

夕張市内のシューパロダム。平坦な釧路地方との違いが興味深いです。)


私があまりブログを書き慣れていないため、どうまとめたらいいのか、実は考えているところです。

とにかく定期的にこういう場に出て行くということが、EラーニングやSNSが拡大していく中でもすごく大事だなと改めて感じました。具体的な気づきは考えがまとまったら書いていこうと思います。運営された札幌の不動産鑑定士、事務局の皆様、本当にありがとうございました。

特急スーパーおおぞらの車窓から

昨日は約一年ぶりに特急スーパーおおぞらに乗車し、釧路から札幌入りしています。本日行われる不動産鑑定シンポジウムに参加するためです。

f:id:obarakotaro:20170728090104j:plain

道東自動車道の阿寒までの延伸もあって、JR利用の機会は減ってしまったのですが、久々に乗車してみると、車内販売サービスが無くなっていたり、車内放送の外国語が英語と中国語の二カ国語に増えていたりと、微妙な変化を感じました。


特急スーパーおおぞら釧路駅から出る時は一番ホームから出るのですが、反対側の四番ホームから出る湿原観光列車の湿原ノロッコ号がかなり高めの乗車率、しかも海外からのファミリーのお客様が多かったのもすごく印象的でした。

f:id:obarakotaro:20170728090357j:plain


ただノロッコ号が出た後の、この風景は私が高校時代からあまり変わってない気がしますね。


それはともかく、遠路はるばる来たので、今日の不動産鑑定シンポジウム、沢山のことを吸収して来たいと思っています。

出張前に家庭菜園に水やり

今日の午後から札幌出張です。

しばらく釧路を離れるので家庭菜園の野菜、ハーブ達に水をたっぷりあげました。

f:id:obarakotaro:20170727110545j:plain

この夏は天気が良い日が続いているので、出遅れがちであった我が家の家庭菜園でしたが、シュンギクラディッシュが勢いよく開花しています。

実はここ数日疲れがたまっていたせいか、いつも就寝前に本を開くという習慣についても、なかなかそんな気にならないぐらい気分がすぐれなかったのですが、朝家庭菜園の植物達を眺めてながら水やり、草取りを十五分程度しただけで、すごく気持ちがリフレッシュされた気がします。私も気持ちの切り替えが下手な方ですが、独立してからは特に気持ちの部分というものが、仕事に大きく左右されるというのがすごくわかります。

どんな時でも、気持ちにゆとりを持てるよう努めたいものですね。

f:id:obarakotaro:20170727112254j:plain

(苗から始めたハクサイも面白いぐらい大きくなってます)


ところで、私が不在中の野菜の水やり、お手伝いに目覚めた幼稚園夏休み中の息子に託すことにしました(笑)

「震災からの復興に向けて」を読み直す

今朝のNHKニュース北海道版で取り上げられ、確か昨日の北海道新聞朝刊でも読んだのですが、根室市の西隣の浜中町の役場庁舎が現在霧多布地区から高台の湯沸地区へ移転することが決まったようです。

理由は津波対策とのこと。


f:id:obarakotaro:20170724220329j:plain


ニュースを聞いて思い出したのは、昨年秋頃、北海道不動産鑑定士協会を通じて購入した岩手県不動産鑑定士協会さんが編集発行された写真の資料です。

年末忙しさにかまけて丁寧に読んでなかったのですが、今日改めてこの資料をじっくり読ませていただきました。ここでの掲載は控えますが、震災直後の写真は何度も見ても心が痛む、といいますか、自分の街がこうなってしまったら…そう考えてなんともいえない気持ちになります。


特に釧路という街は港町なので、船が住宅地に乗り上げている写真が脳裏に焼き付いてしまいました。


最後の編集後記、岩手県の鑑定士の方々のコメント一つ一つが心に残ります。もしこれだけの天災が来たら一体今の私に何ができるだろう、そんなことをついつい考えてしまいました。

f:id:obarakotaro:20170724222532j:plain