読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「恋はみずいろ」を聴きながら

釧路、根室地方エリアで不動産鑑定士をしている小原孝太郎と申します。地元ネタ、普段の生活を中心に書いてます。ブログアイコン、秋らしくチェンジしてみました(笑)

「続泥流地帯」を読み始めて

昨日のブログにも書きましたが、

再び三浦綾子さんの「泥流地帯」の続編「続泥流地帯」のことについて

ブログを書きます。まだ冒頭部分しか読んでおりませんが、

十勝岳噴火の後、国からの補償により、今まで住んでいた箇所から

転出すべきか否か、というのが一つのテーマになってきております。

 

f:id:obarakotaro:20170219215541j:plain

(二日続けて、同じ本のネタですみません・・・)

 

よく都市部の不動産関係の方々の、SNS発信などを読みますと、

このエリアは人口増加が見込まれるから買いである、

このエリアは人口減少が見込まれるから売りである、

的な発信を目にすることがあります。

都市部の方々にとっては、非常に重要、有用な発信なのだろうなと思う反面、

田舎暮らし、ドメスティックな人間だからでしょうか、

少し違和感を感じたことも否定できません。

(土地購入等は一生に一度のことですから、

 それを否定、批判するつもりは全くないです)

 

確かに人口減少し、高齢化しているから、その土地を捨てていくというのが、

経済合理性から見れば、正しいのかもしれません。

でも、この小説のように祖父、祖母、家族が開拓した土地だからこそ、

あえて残りたい、改めて開拓したい、踏みとどまりたいという気持ちも

なんとなくわかるのです。実際、つい最近起きた東日本大震災や熊本の地震後に

その地域の方々のとった行動を思い出さずにはいられません。

私が仕事をし、生活の拠点としている北海道太平洋側も、

いつ震災、津波が襲ってきてもおかしくないところです。

もし、壊滅的な被害を受けたら、主人公兄弟のように本当に考え、行動できるのか、

そんなことを考えております。

 

 

 

「続泥流地帯」に突入

f:id:obarakotaro:20170219215541j:plain

数日前に書きました三浦綾子さんの「泥流地帯」の正編を読み終え、今夜から続編に突入しております。


この作品、確かに地元北海道文学ではあるのですが、主人公兄弟の大正時代と私達の生きている現代とでは、全然私達の方が断然恵まれているということを痛いほど感じさせてくれます。それでもなぜかこの作品が今でも非常に魅了されるかというと、これだけ文明なり教育機会が充足されたといっても、自分ではどうすることのできない、選択の余地のないことが、生きていく上で数多くあるからだと思われます。

とはいえ、今の日本、北海道に生まれたことには本当に感謝しなければなりません。先人達の苦労を思いつつ、先を読み進めたいと思った休日の夜です。

形が違うけれど大いに共感するところ、感謝しなければならないこと、それがこの作品の魅力かもしれません。


今日もブログに訪れていただき、ありがとうございました。



くしろリデザインプロジェクト・事業計画スクールを受講して

本日は、私がお手伝いさせていただいている

「釧路リデザインプロジェクト」の2日目、事業計画スクールということで、

経営計画の立て方を、釧路公立大学にて、

当プロジェクトの代表である佐野修久先生から講義形式で学んできました。

私は法学部出身なので、こういう経営、商学的な内容の授業を受けるのは

なんだか新鮮な感じでした。座学は座学なのだけれども、

実際に事務所経営をしてからの座学でしたので、

すごく地についた理解が出来たのかな~と思っています。

 

f:id:obarakotaro:20170218214325j:plain

釧路公立大学にて。大学の教室で講義を受けるのは本当に久しぶりのことです)

 

不動産鑑定士の試験科目である会計学日商簿記2級までの勉強は

したことがありましたが、あくまでも仕訳をするとか、

会計用語の意味、意義を学ぶということに留まっていて、

(資格試験の勉強というのは、所詮そんなものなのでしょうけど)

どう収支をプラスにもっていくのか、

そういう考え方をするという学問には触れたことが今までなかったので、

新しいことに触れられた気がします。

 

だんだん運営する側、参加する側、応援してくださる方の息が合ってきた気がします。

私もこの活動について弱気になったり懐疑的、批判的に考えてしまったこともありますが、

少しでも次につながるような、そういう流れができてくるといいなぁと思い、

前回の街歩きで、現地調査にかける時間が少なかったことへのフォローを兼ねて

対象物件の一部の建物間取図を作成させていただきました。

(私ができることといったら、せいぜいこれくらいですが・・・)

 

今日も参加者の方、同席された方にいろいろ教わりました。

f:id:obarakotaro:20170218214222j:plain

(佐野先生の講義を聞くのは初めて。非常にわかりやすかったです)

 

3月5日のコンベ本番が楽しみにしております。

 

 

 

三浦綾子さん「泥流地帯」読中感想

 

今年に入ってから「塩狩峠」を読み終え、

SNS上でつながっている方や加入している経営者の団体の方からも

推薦していただいたので、次は同じ作者の表題作を少しずつ読んでおりますが、

この作品も思った以上に惹きつけられる作品だと感じています。

もっと若い時に読むべきだったかな~と思っています。

舞台は上富良野の農村です。

 

背表紙のあらすじを読みますと、

大正15年の十勝岳噴火に向かって物語が進んでいくようですが、

それを抜きにしても、主人公兄弟、それを取り巻く人間模様が

スピーディーかつ印象的に語られていきます。

 

f:id:obarakotaro:20170217175742j:plain

(500頁以上の作品ですが、10代の頃だったら、数日で読んでしまったかもしれないですね)

 

どういう形で十勝岳噴火を迎えるのか、興味深いところです。

まだ最後まで読んでいない私が言うのも変ですが、若い方におススメしたい作品です。

 

 

 

 

十條アイススケート場の解体現場にて

今日は仕事で国道38号を通りかかった時に、

鳥取大通地区というエリアにある、

かつての十條アイススケート場の解体現場が目に飛び込んできました。

昨年末頃から解体工事が始まってから、

フェンスが建物外周部に設置されておりましたが、

今日通りかかった際には、いよいよ建物の原形をかろうじて留めている、

そんな状況まで解体工事は進んだようです。

私はアイスホッケー少年というわけでも、

スポーツ大好き少年でもなかったので、

このスケート場に足を運んだ記憶はありません。

同級生でアイスホッケー部員などがよく練習していた、そんな思い出があります。

 

但し、十條サービスセンター(今のビッグハウ鳥取店)には

よく子供の頃から十代にかけて、

両親や祖父母と買い物に来たところで、写真でかろうじて見える階段も

子供の頃からずっと見てきたものでした。

なんとなく記憶にとどめておきたくて、記念にと写真に収めてきました。

 

f:id:obarakotaro:20170216201750j:plain

(かろうじて原形をとどめていました。)

 

多分私自身はこのスケート場に通った記憶もないので、

あまりノスタルジックな感じはしませんが、

私のほかにも車を止めて工事を眺めていた方もいました。

この旧スケート場があった場所は鳥取大通地区というエリアにあります。

釧路という街は開拓時代、鳥取県から移住された方が多いのです。

私が釧路に戻って独立した平成25年以降、新しい沿道型商業施設ができたり、

このあたり(鳥取大通)も少しずつ変わってきた感じがします。

f:id:obarakotaro:20170216203046j:plain

(次通る時には、もう階段もないかもしれないなぁ・・・と思い写真撮りました)

 

ノスタルジーは置いておいて、

これからもこのエリアがどういうふうに変貌していくのか、

注意してみていこうと思ってます。

 

最近収益物件評価で気をつけていること

何ヶ月ぶりかの、本業の不動産鑑定のブログになります(笑)

 

最近、居住用収益物件の案件を行うに際して気をつけていることがあります。

 

ご依頼者様から、アパート、賃貸用マンション等の案件の依頼を受けた場合、

収益還元法という手法が中心となるために、対象物件の賃料収受状況を

お客様から提示していただくことになるのですが、

近年釧路市内では、夏季に長期滞在する方が増えているため、

賃貸用物件でも夏季の間だけ高稼働の建物がちらほら見られるようになってきました。

ここ数年本州以南からの長期滞在者の数は増加傾向にありますから、

今後もこの傾向は続くと思われます。

 

こういった収益物件の場合、冬季には低稼働の物件も少なくないのですが、

最近は夏季の稼働状況も忘れずにチェックしておくことが重要かなと

私は考えています。

今のところ、釧路市内においてもごく稀なケースだとは思われますし、

まだまだ定住者、転勤者向けの市内収益物件の大半だと思われますが、

実際そういったケースをよく聞くようになりましたので、

冬季だけの低稼働の状況だけで当該物件の収益性を判断するのは間違い、

夏季だけの高稼働の状況だけで当該物件の収益性を判断するのも、間違いかなと思って見ています。

 

同業者の方、地元の不動産、建築関係者の方には、至極当たり前のことを書いてしまいましたが、

最近夏季・春季の物件稼働状況は良化しているという話を複数聞きますので、

今後は定住人口の減少、高齢化という目立った統計上の数値だけではなく、

市外からの長期滞在者の増加という新たな流れも、きちんと見ていく必要があるのでは?

そう考えて、貸家及びその敷地(住居系)の評価の際には、地元の私自身が特に気をつけて評価を試みているところです。

 

仕事を題材とするブログについて

いつもは趣味のことを中心に、比較的お気楽にブログをつづっておりますが、

今仕事である不動産鑑定のあるテーマについて

ブログを書こうと思い、途中まで書きましたが、

なかなか仕上げるのが難しく感じております。

 

趣味、普段の生活、地域のことなどは、

直感的に文章を書いてそれでよしと自分なりに思って、やってきましたが、

本業については内容的に間違いが許されないのはもちろん、

誰かの批判みたいになってもよろしくないかと思い、

なかなか筆が進まずにいます。

 

もともと仕事である不動産鑑定について

ブログ記事を書いて発信したいという気持ちがあって、

始めたはずのブログなのですが、

いざ発信しようとなると、書きづらいというのが正直な今の気持ちです。

じゃあ、仕事が嫌いなのかというと、それも違います。

 

テーマ的には、地元+鑑定ということで、

おそらく私だからこそできる発信テーマだと思い、

皆さんに伝えたいという思いは確かにあるのですが・・・

今しばらく悩みつつ、良い記事にしたいと思っています。

 

今日はまとまりのない文章になってしまい、すみません。