読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「恋はみずいろ」を聴きながら

早いものでブログを書き始めて半年になりました。地元ネタ、普段の生活を中心に書いてます。ブログアイコン、秋らしくチェンジしてみました(笑)

三月の雪。

近況報告

今日の釧路は朝から雪。

しかもかなりの積雪でした。

10センチぐらい積もったでしょうか。今朝は朝から、幼稚園が春休みに入った息子と雪だるまを作ってました。湿った雪でしたので、雪だるま作りにはちょうど良かったのです。

f:id:obarakotaro:20170322210739j:plain


ただ今日の釧路は気温も高くて、

除雪をしてると、すぐに汗ばむ感じでした。この雪だるまもお昼には頭が崩れてしまいました。

もう少し事務所の広告塔になってくれるとよかったんですが(笑)

f:id:obarakotaro:20170322211201j:plain

(近所にある柳町公園の樹氷!これも夕方には解けてしまいました。)


冬に逆戻りのように見えて釧路もだんだん春に近づいています。春以降、どこに出かけようか、そんなことを考えています。


下山先生の「釧路地域への置き土産」を聴講して

釧路のこと

今日は、釧路公立大学准教授・下山朗先生の地域経済セミナーを聴講してきました。

先日私がお手伝いさせていただいた釧路リデザインプロジェクトにも

何度も足を運んでいただいた縁もあって、今回受講させていただきました。

下山先生はこの春、釧路を離れ、奈良の大学へと赴任されるそうです。

そういった意味で下山先生のお話を聞くのは、またとない機会と思いましたので、

本日参加させていただきました。

 

f:id:obarakotaro:20170321224207j:plain

(社会人を中心に非常に多くの方が聴講されてました。)

f:id:obarakotaro:20170321225004j:plain

11年間釧路での関わり、活動のことに始まり、

学生さんとの様々な調査、分析のことをお話いただいたのですが、

すごく興味深かったです。

釧路の場合は、東京、札幌からといった大都市の視点ではなく、

近隣の十勝、根室との比較から学ぶべきことを指摘されていて、

東京、札幌といった大都市、情報集積地からよりも、

釧路地域にとっては、実は近隣の十勝地域、根室地域の具体例から

学ぶこと、実践すべきことが少なくないことが理解できました。

釧路市のような人口減少が進んでいる都市の経済分析というのが、

実はそれほど進んでいないというご指摘もすごく興味深かったです。

今日は貴重なお話を聞けて、本当に良かったと思います。

 

下山先生の新天地でのご活躍を心から祈念いたします。

 

今年二回目のジョギング

趣味のこと

今日は春分の日ということでしたが

事務所に出て仕事をしておりました。祝日なので、電話などかかってこないため、こういう日は意外に仕事がはかどるものです。

今日も思ったより仕事がはかどったこともあり、早目に仕事を切り上げ、ジョギングしてきました。

先週も春らしい陽気に誘われて、ジョギングしたのに続き、今回が今年入って二回目になります。

実際走ってみると、体力の低下は思った通りなのですが、頭の中を空っぽにして久々に運動すると、心身ともにスッキリします。気持ち的にも前向きになれる気がしますしね。

去年の手帳を見ると、ジョギングしたのは一年間でたった5回でした(笑)あまり高い目標を立てず、今年はこれ以上の回数をジョギングできたら、それでいいかな〜と緩く考えているところです。


f:id:obarakotaro:20170320215714j:plain

(ジョギングシューズはニューバランスです。もっと使ってあげないと…)


実家近くでの物流倉庫建設工事。

釧路のこと

お彼岸ということで、

実家のある大楽毛(おたのしけと読みます。釧路市の西端)まで。

実家の近所を散歩してました。近所の牧場主さんのご好意で、

息子にドサンコを間近で見せてあげられました。

 f:id:obarakotaro:20170319213332j:plain

(おはぎ、美味しかったです)

 

大楽毛(おたのしけ)地区は古くから馬産で栄えた地区です。

私は郷土の歴史や祖父の話で間接的にしか知らないのですが、

戦前、戦中は軍用馬もかなり生産していたようです。

 f:id:obarakotaro:20170319213555j:plain

シャガールの絵みたいな写真になりました。牧場主さんのご好意が嬉しい。私も懐しかったです)

 

ところで・・・散歩の途中に発見したのですが、

国道38号線沿いの星が浦大通5丁目(GS出光さんのお隣)に

ダイワハウス工業さんの物流倉庫が誕生するみたいです!

工事現場の様子からだと、

私が子供の頃に建っていた別会社の倉庫よりも、大きいように思います。

 

f:id:obarakotaro:20170319213802j:plain

(今週仕事で通りかかった時にはこの標識出てなかった気が・・・)

f:id:obarakotaro:20170319213844j:plain

私の中学、高校の頃、不動産鑑定士という資格も知らない十代の頃からずっと、

このあたりでは新規の不動産投資等は起きる気配もなかったのに、

今回こういう大きな工事現場を目にして、正直驚いています。

 

不動産鑑定士であれば、誰もが覚える基準の文言

「不動産の属する地域は固定的なものではなくて、常に拡大縮小、集中拡散、発展衰退等の変化の過程にあるものである・・・(以下略)」を思い出してしまいました。

 

さて、星が浦地区の工業地がどのような価格推移を辿ってきたか、

地価公示ベースでは以下の通りになっています。

平成6年というのは、私が高校三年生の年。

この時に新規地点として星が浦地区に工業地の新規地点が設定されておりますが、

昨年公表された地価公示価格までの推移は以下の通りです。

ネットで簡単に調べられるのですが、今回まとめてみました。

ご参考までに。

 

 

H6.1.1  18,800円/㎡

H7.1.1  18,800円/㎡

H8.1.1  18,800円/㎡

H9.1.1  18,500円/㎡

H10.1.1  18,500円/㎡

H11.1.1  18,000円/㎡

H12.1.1  17,800円/㎡

H13.1.1  16,800円/㎡

H14.1.1  15,300円/㎡

H15.1.1  13,700円/㎡

H16.1.1  12,900円/㎡

H17.1.1  11,800円/㎡

H18.1.1  10,800円/㎡

H19.1.1   9,900円/㎡

H20.1.1   9,100円/㎡

H21.1.1   8,300円/㎡

H22.1.1   7,900円/㎡

H23.1.1   7,500円/㎡

H24.1.1   7,300円/㎡

H25.1.1   7,100円/㎡

H26.1.1   7,000円/㎡

H27.1.1   7,000円/㎡

H28.1.1   7,000円/㎡

H29.1.1  (今月発表予定)

 

少しでも釧路にとって、いい動きにつながってくれたら・・・そう思いました。

 

今日のおすそ分け

近況報告

今日はとてもラッキーなことがあったので、

そのことを書きます。

妻が、ある方から写真のカニをいただいてきました!

こういうおすそ分けをいただきことは、やっぱり嬉しいですね。

今晩の味噌汁は鉄砲汁でした。美味しくいただきました。

f:id:obarakotaro:20170316225518j:plain

(息子はカッコイイので食べないで残しておいてと騒いでましたが・・・

 毛ガニや花咲ガ二と違って、子供にも掴みやすい種類のカニかもしれませんね)

 

息子の持っている、「水の生き物図鑑」で確認してみましたが、

おそらくズワイガ二だと思います。

釧路に住んでいると、こういうラッキーな出来事があります。

全く仕事関係ではない方から、こういう心遣いを受けることが嬉しいですね。

 

 

 

 

エクスマと不動産鑑定

近況報告

昨日は地元釧路市のご出身で様々な分野で大活躍されている藤村正宏先生の講演会に参加してきました。

いわゆる「エクスマ」(雑な説明で恐縮ですが、モノやサービスを売るのではなく、経験を売るというマーケティング手法)を提唱された方です。

1年3ヶ月前に初めて講演会に参加して、今回が二回目の受講になります。初めての時はまだガラケーで、SNSもアカウントだけ持ってるだけという状況でしたから、今回は初めて能動的にセミナーに参加したことになります(笑)


一年前にお話を聞いた時はSNS活用を中心としたエクスマの考え方が私の仕事である不動産鑑定には守秘義務等の問題があるのでなじまないのでは…などと考えていた私でしたが(今はそんなふうに考えてません。念のため)、昨日のセミナーでは前回と全く真逆のことを考えていました。

セミナーの中で「お客様に売ってはいけないものは絶対に売りつけることをしてはいけない」という言葉がありました。これがすごく不動産鑑定の考え方にすごくなじんでいるのでは〜と考えてしまいました。我々の仕事は受託審査といって、仕事を受けていいか、必ずお客様に鑑定内容や条件を確認して、はじめて受託するという流れになります。要は何でも仕事として受けてはならないと資格を取る過程でも資格登録後も徹底的に教え込まれてきました。他の仕事に比べると、いささか窮屈な感じで、お客様に喜んでもらうことよりも煙たがられることも割とある仕事なのですが、やっぱりそれを愚直にやっていくしかないんだな、と昨日は背中を押してもらった気がします。エクスマは不動産鑑定と意外にも親和的なのかもしれませんね。


f:id:obarakotaro:20170315213026j:plain

(サインしてもらい、一ファンとして嬉しかった)


他にも色々なお話があったのですが、私的にはココが一番の気づきでした。


エクスマの根底にある「仕事を楽しむ」という考え方、不動産鑑定は税務や権利調整に絡むため、ストレートに言うのは少し不謹慎かもしれません。でも、地域の方々の生活に密着した非常にやり甲斐を日々感じるこの仕事、エクスマの考え方を少しでも取り入れて、また前に進んでいきたいと思いました。(最近SNS発信サボりがちなのは反省ですね…)





三浦綾子さん「母」を買ってみました

読書日記(文芸)

この土日はみなさん、いかがお過ごしでしたか?

家族がインフルエンザに罹ってしまったので、もっぱらインドア生活でしたが、

私は土曜の夜だけ、ちゃっかりとある読書会に参加してきました(笑)

前々からお誘いを受けてはいたのですが、時間がなかなかとれなかったのと、

私自身読書に関してはチョイスが非常にワガママなので、

遠慮させていただいてました。

今回ちょうど私が読み終えた三浦綾子さんの「続・泥流地帯」が題材だったので

思い切って初参加してみました。

参加されていた皆さんが自分よりも人生の先輩であったこともあって、

皆さんの感想を聞いていると、非常に自分のこの作品に対する読み方が浅かったな~

と反省させられたのがまず第一なのと、

思ったよりもざっくばらんな会だったので、堅苦しくなく皆さんと感想を交換でき、

共感できる部分がすごくあって、こういう読書会でお話しするというのも、

意外に面白かったというのが偽らざる、率直な感想です。

で、今回主宰者の先生からおススメしていただいた、表題の本を

本日銀行に行った帰りに某書店にてゲットしてきました。

どうも芸能情報には疎くて、

この作品、この1月に映画が公開されていたことには全く気がつきませんでした・・・

まだ繁忙期は3月末まで続くので、ゆったりとした気分で読書はできませんが、

先日ブログで紹介した芥川龍之介作品集「戯作三昧・一塊の土」とともに(途中です)

例によって、また一日の締めくくりに読み進めていきたいと思います。

f:id:obarakotaro:20170313213518j:plain

(この文庫本の装丁、なんか好きです。)