「恋はみずいろ」を聴きながら

北海道釧路市で不動産鑑定士をしております小原孝太郎と申します。普段の生活を中心に書いてます。

海霧に包まれたダイヤモンドプリンセス。

今日のお昼すぎに、

釧路西港第四埠頭に寄港したダイヤモンドプリンセス号を見てきました。

豪華客船はもうすでに何回も釧路に寄港しているのですが、

今年は平日寄港だったり、釧路を離れていたりで、

久しぶりに近くで見た気がします。

f:id:obarakotaro:20170822172703j:plain

 

今日の釧路は雨まじりの天気で、それほどいい天気ではなかったのですが、

実際に船に近づいてみると、霧におおわれた姿も格好いいですね。

海霧をバックに撮ったこの写真も、どこか釧路っぽい感じがします。

f:id:obarakotaro:20170822172856j:plain

(アップで一枚だけ撮ってきました)

 

ちなみに・・・去年のダイヤモンドプリンセスはこんな感じでした。

f:id:obarakotaro:20160710180306j:plain(去年の日曜に寄港した時、息子と見に行きました)

 

去年のデザインはシンプルなホワイト一色でしたが、

今年はブルーウェーブ調のプリンセスの絵がついてました。

去年からリニューアルされたのですね。

今日は仕事の合間に見ただけでしたので、休みの日に寄港日があったら、

ゆっくり去年のダイヤモンドプリンセスと比較してみたいと思います。

 

定員2700人ということは、

鶴居村(釧路の北隣)の人口約2500人よりも多いということですよね(驚)

次回寄港する際は、乗船された観光客の方々の流れも

ちゃんとウォッチしたいと思います。

ブログ300記事を振り返る

気がつけばブログ記事が300を超えてましたので、

久しぶりに自らのデジタル発信のことを振り返って書いてみようと思います。

過去の投稿記事を振り返ってみると、

100記事目まではSNS発信に伴う悩みや戸惑いについての記事であったり、

無理に仕事がらみのことを書こうとして

力が入りすぎている記事が多かったように思います。

感覚的には1~100記事を書いている間がすごく長く感じました。

投稿ネタにもすごく苦心しましたし、こういう仕事をしていてブログを書く行為自体が

軽薄にとられないか等、悩んだことも実はあります。

f:id:obarakotaro:20170716142621j:plain

(地元にいながらカヌーの素晴らしさを知らなかったのは本当に不覚でした)

 

101記事から200記事までは、

家族と地元イベントに出かけたという類の記事が

比較的多かったのに対し、201記事から現在までは、

読書投稿、食べ物の投稿が増えた気がします(笑)

最近は内向きになってしまったのかもしれないということと、

せっかくイベントに参加しても、上手に紹介したり、伝えられないというのが、

反省すべきところだと思っています。

f:id:obarakotaro:20170702212617j:plain

(カスベのほっぺのから揚げは本当に美味しかった・・・)

 

基本的に仕事の投稿は、確信を持って伝えたいことがある時は

自然と記事内容が自分の頭の中で定まってくるような気がしていて、

無理に仕事内容のことを記事にしなくてもよいのでは、

と今は思うようになってきました。

 

普段の生活の中(仕事も含め)で感じていること、大切にしていること、

そのことを素直に伝えることがすごく大事なことなのかもしれませんね。

うまくいえませんが、ブログを書くコツは、

「誰かに何を伝えて、何をしてもらいたいか」をイメージすることだと

SNSで読んだ(教わった)記憶があります。

私は、地元釧路やそれ以外の北海道内の地域に足を運んでもらったり、

出身者である方であれば、久々に戻ってみたいな・・・

と思ってもらえるそういう投稿を続けていきたいと思っています。

(そうやって交流人口が増えていく中で、地元の定住人口の減少が少しでも

食い止められたら・・・そんなふうに漠然ではありますが、考えています)

読書感想も、子供の頃、十代の頃から続いている趣味なので、

上から目線の書評はできません(したくもない)が、自然体で続けていきたいですね。

f:id:obarakotaro:20170328223535j:plain

(SNSを始めてから、いい本と出会うことが多くなりました)

 

まだまだSNS発信もブログ投稿もうまく活用しているとはいえないのですが、

あらためて、いつも読んでくださっている方々に感謝したいと思っています。

 

男爵イモを試しに抜いてみた

今日は私の方の実家(@釧路市内)の家庭菜園にて、

息子と草取りを手伝ってきました。実家の方の家庭菜園はわが家よりも広めで、

手入れも行き届いているので(さすが年の功ですね)、

いろいろな野菜が栽培されてます。

今日は孫が来たということで、試しに一部を試しに抜いてみたところ・・・

ニンジンはまだちょっと小さかったけれど、

ジャガイモは丸々と育ってました(笑)

多分去年よりも、実りが大きいと思います。

f:id:obarakotaro:20170820215749j:plain

(今年はポテトチップスの買占めは難しそうですね・・・)

f:id:obarakotaro:20170820221010j:plain

(実家でアスパラまで作ってるいるのは知らなかった・・・)

f:id:obarakotaro:20170820220827j:plain

(ニンジンはまだ小さめなので、これはサラダにでも・・・)

 

f:id:obarakotaro:20170820222045j:plain

(これはモロッコインゲン。)

f:id:obarakotaro:20170820221200j:plain

(畑の隅に咲いてたドクダミの花)

f:id:obarakotaro:20170820221446j:plain

(コスモスがもう咲いてました。もう釧路は秋ですね)

 

昼食、少し先日妻の実家の方に滞在した時に

伊達市で買ってきたカボチャの煮物を少しご馳走になってきましたが、

カボチャも甘みがあって美味しかったです。

f:id:obarakotaro:20170820221709j:plain

 

去年みたいに台風がこのまま連続直撃しなければいいな~と思った一日でした。

今日のブログは写真が多い分、文章短めになってしまいました。

すみません。

「項羽と劉邦」中巻に入りました。

妻の実家への移動中に読み始めた司馬遼太郎さんの「項羽と劉邦」ですが、昨夜上巻を読み終え、中巻を読み始めたところです。


フィクションの部分もあるでしょうが、項羽の大量虐殺は相変わらず続いています。20万人の秦兵の虐殺とか、想像もつかないですね。

秦への反乱が始まった時点で、項羽の年齢が25才位、劉邦の年齢が40すぎだったというのを今回初めて知りました。歴史にもしもはありませんが、これが逆の年齢だったら、項羽の叔父である項粱が早い段階で戦死してなければ、また全然違った歴史になったのかもしれません。


f:id:obarakotaro:20170819161612j:plain

項羽劉邦もほぼ同年齢の人物と勝手に思いこんでました。山岡荘八さんの「徳川家康」の書き出しを思い出してしまいました)


上巻では劉邦はあまり登場しません。趙高、宋義といった人望のかけらもない人物が数多く登場して、項羽の暴虐もまともに見えてしまうほどなのが、ここまで読んだ感想です。

シュンギクの天ぷら。

 

釧路の夏も終わりに近づきつつあるようです。

今日は家庭菜園のシュンギクを収穫しました。

昨年に比べて、ちょっと小ぶりな感を受けます。

理由は、隣で成長しつづけるブドウの木の陰になってしまい、

日が当らなかったからかな~と思います。

釧路の家庭菜園の場合はやはり、一にも二にも日当たりが大事なのかもしれません。

f:id:obarakotaro:20170818171652j:plain

白菜やキャベツ、ミントが大きく育っているので、

そちらの方に種をまけば、もっと大きく育ったかもしれませんね。

これは天ぷらにして、食べることにします。

(昨年のようにおひたしにするほど、大きくならなかった感じですね)

f:id:obarakotaro:20170818171829j:plain

ラディッシュシュンギクと収穫したので、畑も少し寂しいですが、ミント類は元気です)

f:id:obarakotaro:20170818171931j:plain

(天ぷらにすると、春菊の香りはしっかりしていました)

 

ところで・・・話は少し逸れますが、

いよいよスーパーではサンマが並び始めたみたいです。

これから釧路も秋到来ですね。

 

 

 

 

 

よもぎ饅頭、花柄模様、ハンドタオル。

室蘭から戻って来て数日たったのですが、まだ荷物の片付けが完全に終わっていません(汗)

そんなわけで室蘭と伊達のお土産を整理してました。

f:id:obarakotaro:20170817201450j:plain

まずは釧路の実家の仏壇にも上げたよもぎ味の饅頭の「草太郎」です。私の両親が好きなので今回も買ってきました。私の分は仕事休憩中の楽しみに取り分けておいてもらいました(笑)


f:id:obarakotaro:20170817201938j:plain

これはウニの軟骨部分です。室蘭にあるイタンキ浜という海岸に打ち上げられていたのを、息子が拾ってきたそうです。この花柄みたいなものが自然の産物というのが少し驚きです。妻が子供の頃は室蘭の海岸にこのウニの残がいがたくさん落ちていたとのことです。


f:id:obarakotaro:20170817203210j:plain

伊達の道の駅でゲットした藍染のハンドタオル。これも重宝しそうです。


この他、義父と室蘭焼き鳥を食べたり楽しい時間を過ごせました。

妻の帰省に同行するのは、自分の初心を忘れないようにする意味でも、貴重な時間だったりします。今回のお盆休みで気分もリフレッシュできたので、また目の前の仕事を一つ一つ頑張っていこうと思います。




夏休み最終日の釧新花火大会。

今日で、息子の幼稚園の夏休みも最後になりました。

今夜は新釧路川沿いで行われる釧路新聞さんの花火大会でした。

天気がすぐれない日が続いたのですが、

午後から釧路でも晴れ間が見えたので、去年雨だったのとは打って変わって、

すごく眺めがいい花火大会でした。

 

今年の夏は、私の仕事の関係もあり、妻の実家(室蘭)の方で夏休みの多くを

過ごした妻と息子でしたので、こうやって親子3人で花火大会を見るというのは、

この夏、初めてだった気がします。

去年は、白糠の花火大会に行ったり、釧路を代表する港祭りや霧フェスティバルにも

何回も足を運んだりしたのですが、今年は地元のお祭りに

あまり足を運んでなかったのが、少し残念だったのです。

 

なので、今日の花火は一段と綺麗に見えた気がします。

 

思ったのは、去年のシーズンはスマホを手に入れたばかりで、

いろいろ写真・動画を撮影して、各種機能を必死で覚えようとしてましたが、

今年は息子がいないお祭りだったので、

あまり花火大会自体足を運ばず、今夜久々に花火を撮影しましたので、

ちょっと(かなり?)花火撮影の腕は落ちてしまったかな~と

言う気がします。やはり継続してやらないと上手にはならないですね。

f:id:obarakotaro:20170816212749j:plain

(あまり上手な画がとれなかったのですが、これが一番まともだと思います。)

 

とにかく、明日からの新学期も元気で過ごしてくれたらいいと思っていますし、

9月のどんぱく花火大会もみんなで見に行けたらいいと思っています。